ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

仙台HOOK 

◆仙台のライブハウスHooK SENDAIが2019年12月をもって閉店(音楽ナタリー)https://natalie.mu/music/news/319698あまりに突然のことでまだ実感が湧かない。仙台HOOKは私にとってホームだった。2003年のOPENから16年間も通っていたんだなあ…。初めてHOOKで見たバンドはメリーだったかな?それまで旧マカナやジャンクで見ていたから。自分のライヴ記録を振り返えると、ほぼHOOKだ。東京へ遠征出来なくなってからも、必ずHOOKでのラ...
Read More

【アニメ「BANANA FISH」完走記念】バナナフィッシュにうってつけの日 

※【ネタバレ注意】多少、物語の核心に迫る表記があります。2018年7月、アニメ「BANANA FISH」(以下アニバナ)の第1話を視聴以来、四六時中バナナフィッシュのことしか考えられなくなった。まず、一発で視聴者の心を掴む流れになっていて素晴らしいと思った。それこそ名曲のイントロと同じように。初見の方はもちろん、原作の1巻で物語の世界に入りにくかった層さえも引き込むキャッチーさがあった。それなのに、原作と大きくブレ...
Read More

「アプレゲール vol.9」(間瀬さん特集)を読んで 

常に良質な記事を送り届けてくださるミニコミ誌「アプレゲール」。復刊以来、個人的にツボなラインナップが多く毎号購入しているのですが、今回は待望の間瀬さん(aieさん)大特集です!彼の生い立ちからこれまでの道程を辿る濃厚なインタビュー。内容的にはthe studs時代に掲載されたRR19と被るところもあるのですが、今回はthe studs以降の話もじっくりと読むことができます。後半、ほぼ泣きながら読んでいた…。the god and deat...
Read More

Angelo Tour 2018-2019「WAVY EFFECT OF RESONANCE」@仙台darwin(2日目) 

こんなにも心が掻き乱されたAngeloのライヴはいつ振りだろうか…。2018.12.16仙台の1日目でお兄ちゃんが倒れたと友人からLINEで聞いて、血の気が引いた。twitterでもその時の状況を詳しく知って。今までも色々あったけど、年齢が年齢だからホントに心配になって…。だから2日目のこの日は、殆ど顔も見えなかったけど、同じ空間にいて、そこで彼が歌っているだけで胸がいっぱいになった…。そこにいるだけでいいから…。激しい曲も、優...
Read More

「ROCK AND READ 81」を読んで 

自分の中でかなり腑に落ちたというか、ストンと入ってきた内容だったので、ここで吐き出しておきたいと思います…。※インタビューの核心に迫る話なので、読了済みの方推奨。...
Read More

【2018】Angelo『RESONANCE』【名盤】 

Angelo 10th full album『RESONANCE』【収録曲】1.ACTIVATE RESONATE2.CREVASSE3.残響4.NEW CENTURY BIRTH VOICE5.REUNION6.ホログラム7.荊棘の棘8.BREATH9.DEEP VISION10.CRUELWORLD「共鳴・共振・反響・響き」という意味を持つ「resonance」。Angelo通算12枚目となった今作は、「キリト史上、最も万人に勧めやすいアルバムなのではないか?」と私は思っている。音楽アルバムとして、ただ聴きやすいだけではなく、「これまで培っ...
Read More

emmuree monthly “oneman” tour『lightless in SENDAI』@仙台HOOK 

誰が何と言おうと、アンミュレは世界一カッコイイバンド。何年経っても変わらない。アンミュレは最高だし、想さんは世界一歌が上手い。要するにロヴェ(〜愛〜)ってことだよ…。2018.09.23幕が開き、音が鳴った瞬間、鳥肌が立つ。その場の空気がガラリと変わる。そこは「夜の墓場」。「幽閉された世界」。フト、(最後にアンミュレのワンマン公演を見たのは一体何年振りだろう?)と自分のブログを遡ってみたら、2012年6月の渋谷O-...
Read More

【2018】emmuree『lightless.』【名盤】 

lightless.emmuree 曲名リスト1. lightless -僕の夢-2. lightless -鈍い、闇。-3. 八月の雨4. brand new world5. Red.6. tonight -星降る月夜に-7. circus8. 消滅、崩壊、自我、支離滅裂。9. 無色透明10. 朧げに、猶予う。Amazonで詳しく見る by G-Tools【遮断された光、無色透明な世界。 幅広い音楽性でDarkというテーマに向き合った今作。 然し乍らDarkという一言では表せない「lightless」の世界を。 唯一の光は、その心に。...
Read More

広告消し 

...
Read More

【2018】Eins:Vier『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』【名盤】 

Self Cover Best 2018 Searching Red LightEins:Vier 曲名リスト1. Dear Song2. In your dream3. メロディー4. Notice5. Not saved yet6. Words for Mary7. 花の声8. Nursery tale9. 碧い涙10. I feel that she will comeAmazonで詳しく見る by G-Tools2018年の春ツアーに併せて発売された、セルフカバーアルバム。リリースとしては、1998年の『UNTITLED』以来、実に20年振り。アインスフィアの曲は、それこそ20年前からずっと聴い...
Read More