ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

アリス・イン・ワンダーランド 

そんなわけでヨボりながらGやと映画アリスを見て来た。ここ最近は誰かと行く約束がないと映画館へ足を運ぶのが億劫で億劫で…。さて、アリス好きなバンギャルさんは多いと思いますが、私は昔からそれほど“少女性”に惹かれることはなく、アリスの物語も特別好きというわけではない。ジョニー・デップ×ティム・バートンだから取り敢えず見ておこうか位のノリで。エンタメとしては標準点。GW向けの娯楽作品としてはアタリなんじゃない...
Read More

ブタがいた教室 

大雨の中ちくーっと試写って来ました。“食肉になるブタ”というと、幼い頃に見たアニメ『ハクション大魔王』のエピソードの一つで、食肉センターへ送られる母ブタが子ブタに「太ったら食べられるから、太っちゃダメよ~」と投げかけたセリフが今でも忘れられません。それが妙に生々しくて、焼きとん屋なんかでよく使われる“笑顔のキュートなブタ”のイラストを見る度どこか違和感を覚えます。まあ、ポーク大好物だから平気で食べるけ...
Read More

デトロイト・メタル・シティ 

久々に映画の感想を書きます。原作を知ってる自分としては賛否が渦めく内容だったなー(笑)。ネタバレになるから一応隠しとく↓...
Read More

華麗なるカレー with スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 

左からインド・バングラディッュ・パキスタン(多分)。3種類のカレーとおかず、サラダ、サフランライスが食べ放題。ついでにナンとチャイとデザートも付いて1050円でした(盛り沢山過ぎてあんまり食べ放題できない笑)。カレー食べたの、映画見る前で良かった(・∀・)今晩はベーコンとアボカドをバターで炒める。あ、スウィーニー・トッドね。ミセス役の人が大竹しのぶにスゲー似てた(そればっかり気になってた)。あと船乗りの...
Read More

「ウミヒコヤマヒコマイヒコ」上映会&トークイベント田中泯×平間至@ふれあいエスプ塩竈 ~後編~ 

上映後、田中泯氏ご本人と塩竈出身の写真家・平間至氏のトークイベントを開催。今年5月、田中泯氏が舞い、平間至氏がその様子を“喝写”する企画があり、そのときの写真展も兼ねたものでした。お二人は、映画『メゾン・ド・ヒミコ』で出会い、「好きな人に出会うと塩竈に連れて行きたくなる」と言う平間氏の呼びかけに、田中氏が応え、実現したコラボレーションらしいんですが…。何その萌え設定(黙れ)。何でも、約20年前、田中氏の...
Read More

「ウミヒコヤマヒコマイヒコ」上映会&トークイベント田中泯×平間至@ふれあいエスプ塩竈 ~前編~ 

話は先週の土曜日に遡ります。2007.12.8塩竈グルメを満喫した私は(※過去日記参照)パンパンの腹と荷物を抱え元の道を引き返し、ようやく到着!ふれあいエスプ塩竈。まー塩竈の公民館みたいなもんでしょうか?この建物がなかなかシャレオツなんだわ。近隣に美術館やアートスペースもあるし(今回は無駄に歩き回ったせいで行けませんでしたが)、仙台市内よりも企画展が多い。宮城県美術館はそこんとこもっとどうにかすればいいと思...
Read More

ミリキタニの猫 

1日は映画の日。というわけで、先週の土曜日は久し振りに映画館で映画を見て来ましたよー。仙台セントラル劇場(あ、今は桜井薬局セントラルホールだっけ)という、非常に古い小さな映画館なんですが、仙台市街に残る貴重な映画館です(郊外に次々とできたシネコンのせいで街中の映画館はバタバタと消えてしまった)。券売機とかありえない位古いんだぜ!(食券買うようなやつを想像してください)椅子も堅いし肘掛けは木製だし。...
Read More

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド 

展開が早い割りに上映時間が異常に長い。途 中 こんこんと 寝 た 。ストーリーが駄目ぽ。字幕のせいかと思ったが脚本がきちんと練られていないんだ、これは。CGと音楽が壮大だから話のスケールまでデカい気にさせられる。「一作目が最高だったよね」という、シリーズものによくある現象。何でも三部作にすればいいってもんじゃないよー。キース・リチャーズ(ストーンズ)がやたらとシブ格好良かったのでまあいいか(でも登場...
Read More

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド(PG-12) 

フライヤーが配布されたときから、「双児もの&バンドもの大好きな私が見ないわけにはいかない!」と思っていた映画『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』。いやーこりゃ参りました、良かった。好きな人は好きで、駄目な人はとことん駄目だと思う。だって終わったあと、後方の席にいた男子が「あー眠かった…」なんて呟いていたもの…。あの、下手なホラー映画見るより恐怖だったんですけど。よくあの内容で寝られるな。まあ感じ方は人そ...
Read More

自覚のある美形は凶器 

先日、本年度・設定と妄想だけでご飯3杯イケる映画「王の男」を家族(母・韓流ヲタ、妹・ゲーヲタ)と鑑賞して参りました。すみません、冒頭からあまりのベタさと主演の芸人2人のアイ(愛)コンタクトに噴き出しそうでした!いやー何か色々問題シーンが多くてヤバかったよ。ラストはうっかり泣いちまったよコレ(年々涙腺が弱くなっている)ごめん!私、幼馴染み大好きなんだ!芸人も大好きなんだ!とりあえずタレ目のオサーンもえ...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。