ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

傘をささない君のために 

タイトルは卓偉のアレだけど絵とは全く関係ありません(笑)。アルバム聴きましたが、卓偉はどっか違うところに行ってしまったようです。楽曲としては悪くないんだけど、もうライヴに行くことはないだろうなと思いました。それにしても雨凄いですねー。今ようやく止んだみたいだけど。死人の物販にひよこ傘があればバカ売れしたのに。復活した暁には色違いで全5種類作ればいいよ間瀬。ちょっとコストかかるけど折り畳み傘もついで...
Read More

うーん 

SHOXX bis購入しました。始業前、会社のトイレでこっそりdeadmanの記事を読みながら涙ぐんでしまった(アイタタ)。まるで夢のようだったエンドロールが、はっきりくっきりと写真で残されている様を見たら、ああ、あれは夢じゃなかったんだなーなんて、やっと実感できたというか。これでようやくライヴ予定のところに線を引けるわ。でもさー早く戻っておいでよ。このシーンにはやっぱりおまえらが必要だ。...
Read More

ポチッとな 

テポドンが落ちようがどうしようが当面の悩みは会社飲み資金の調達。そしてピラティスを始めたい(腹の肉ヤバ過ぎ)。日本人なんてそんなもんです。拍手レス21:10様★うーん、私も普段なら絶対読まないのに、今回は何故か「1260円も出したんだし目に悪いけど最近の若者とやらに歩み寄ってみるかなあ」とうっかり読んでしまったのですが…や、止めておけば良かった…。何かホントに切なくなります。死人はね、マジでひよこ傘やひよこT...
Read More

dip『pharmacy』 

只今私が壮絶にハマっているバンドがdipです。ヴィジュアル系のdipではありません。ヤマジカズヒデの方のdipです。10年以上前からいるバンドなので今更という感じですが。以前購入したライヴアルバム『pharmacy』がマジでヤバかったもんでねえ。何だろう、内側からくる暗さがツボだったのかも。1曲目の「harlem nocturne」で闇を這うような音を出したと思えば、「9souls」が放つ異常なまでの高揚感、果てしない荒野をイメージさせ...
Read More

ソロのトラウマ 

あしゃぎしゃん、あしゃぎしゃんがソロだって。るうに続いてあしゃぎしゃんもソロやるんだって。まあ、ここを見てください。…私が素直に喜ぶと思いでか。あのねえ、私、ソロにいい思い出さっぱないの。自爆しそうだから書かないけど。ソロで上手くやってるのってバクチクとペニシリンぐらいなもんでしょ。Dはさ、もっとバンドとしてのライヴ本数をこなして客との一体感を更に築き上げていくべきだと思うのね!パヒュームとか売って...
Read More

デビリン本 

デビリン本キター!死人に飢えていたので嬉しい限りでございます。しかし…普通に売れよfuzz…。ただでさえ金…ごにょ…。もしDVDが発売延期で再来年発売とかになっても(それは嫌だけど)「申し訳ないのでタダでお送りします」とか言うのかYO!人が良いのも時には罪になるのだよ。こんなセリフがビッ●リマンにあったな。死人にだったら、いくら金出しても惜しくないんだからその辺ファンの気持ちを汲んで頂きたい。でも対談楽しみ。反...
Read More

DONORなの 

無性にメリゴが聴きたくなったので久々に取り出して聴いてみた。こ、声が若ッ!アー写も若ッ。それにしてもメリゴってばクオリティ高い。キョウさんの変拍子ラヴ。これを10年前にやってたんだもんな…売れる訳ないわあ(今やっても売れないだろうけど)。個人的には後期の奈落の底に落ちたようなヘヴィーな音の方が好みなんですけど、初期もポップで面白い。んで、メリゴに偏見を持っている人に是非聴いて頂きたい曲が「君は蜜より...
Read More

今話題のラレコ先生 

ここのフラッシュ、クオリティ高過ぎる。『愛と青春のビジュアル系小説』もナイス(笑)。http://www.geocities.jp/jugongordie/...
Read More

一人時間満喫中 

昨日は一人で映画、本日は一人で地元のファミリー温泉へ。デザフェスのアイデアも沸いてきたぞー。リフレッシュリフレッシュ。それにしても最近こういう記事多いねー。http://www.oricon.co.jp/music/special/060712_01.html今後期待されるアーティストとか、大人の事情が絡んでいるとしか思えないYO!意図的にヴィジュアル系ブームを再来させようとしてるだろ。私のイチオシはjealkbだけどね!メンバーが7人もいたりレフトキリト...
Read More

アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶  

私は写真を撮るのが下手だ。これまで一度たりとも上手いねと言われたことがない。大学の課題も撮り直せと戻ってきたり、講師にもうーんと苦い顔をされたり、家族にもあちゃーと言われることの方が多かった。自分としては見ることや撮ることは好きで、まあ自己満でしかないんだけれど。写真は向いていないんだろうなあ、と自覚はしている。そんな私が今回見た映画が、20世紀最大の写真家・アンリ・カルティエ=ブレッソンのドキュメ...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。