ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

ヴィジュアル系ベスト「夏」 

すっかりお忘れの方も多いと思いますが、以前favoriteでやってた「ヴィジュアル系ベスト」のコーナーを復活させてみました。
何で放置してたかって、そりゃーiPodショック事件もあるけど、1曲1曲にコメントを付けるのが面倒(爆)月間ごとにうpするのは無理がある(爆)そもそも別ブログにログインするのが面倒(爆)という管理人の怠慢のせいです。
というわけで、これからはこっちでもっとフリーダムにやるぜ。
少しでも忘れてた音源を聴き直すきっかけ&埋もれてた名曲を発見するお手伝いになればコレ幸い。

7月に突入したということで今回のテーマは「夏」。
夏は苦手そうなヴィジュアル系ですが、探せば意外にあるもんですね。


b_summer.gif




1. 夏の日(cali≠gari)
2. 夏の憂鬱(L'Arc~en~Ciel)
3. 真夏の扉(GLAY)
4. 家路(ムック)
5. 「ぬけがら」(Plastic Tree)
6. 晩夏の感傷(グルグル映畫館)
7. 男たちの晩夏(仙台貨物)
8. Bravo(Eins:Vier)
9. 肌色。(ROUAGE)
10. 神経がワレル暑い夜(PIERROT)
11. 熱帯夜(emmuree)



1. 夏の日(cali≠gari)
冒頭は蝉の鳴き声から始まる「夏の日」。秀児さん時代の「冬の日」と対なのは明らかだが、「月夜の遊歩道」を彷彿させるサビのメロディーがニクイ!秀仁の歌声が無性にグッとくる。

2. 夏の憂鬱(L'Arc~en~Ciel)
ラルクはこの位サラッとシンプルに切ないのがいいなあ。

3. 真夏の扉(GLAY)
グレイは通ってないけどイントロのウォウォウォって部分がイイヨ。ところで今何やってんだろー。

4. 家路(ムック)
歌詞が中二病だけどムックの夏といえばこの曲。再録ver.は未聴なんだけど、どんだけ成長してるのか気がかり。

5. 「ぬけがら」(Plastic Tree)
歌詞が中二病だけどプラの夏といえばこの曲。こういう感情の爆発の仕方はこの時代にしかできなかったもんだなーと。

6. 晩夏の感傷(グルグル映畫館)
グルグルは言葉の選び方が好きだ。タンバリン&アコギでランラララ。ヘタウマというか不安定というかその辺も相乗効果で妙に切ない。

7. 男たちの晩夏(仙台貨物)
よくよく聴いてみたら8分32秒にも及ぶ壮大な望郷ソングだった。

8. Bravo(Eins:Vier)
晴れ渡った青空の下で聴きたい。哲学的なヴィジュアル系だと信じ込んでたのに「ぼーくらーだけの夏よーブラボーブラボー」って聴いたときにゃ「何か違うバンドに転がってしまった」と思ったもんだ。

9. 肌色。(ROUAGE)
ピンブラ的に夏といえば何と言ってもルアの「肌色。」。毎年夏になるだいぶ前から「どうかなりそうな暑い夏が始まるよ2008」ってな感じで騒ぎ出してはキュンキュンしてる(ゆきたそは夏が大好きです)。

10. 神経がワレル暑い夜(PIERROT)
「神経がワレタ寒い夜」と対なのは明らかだが、兄のセンスに関してはここら辺で諦めがついた。曲としては寒いほうが好き(ついでにPVの撮影ドキュメンタリー映像がキュンキュンする)。そして懐かしき地獄の西武ドームを思い出す…(あのとき40℃超えてたっけ?)。

11. 熱帯夜(emmuree) ※2011年7/17追加
あまりにも寝苦し過ぎて…あまりにも想さんの歌声がエロいので追加した。


素材提供:境界線シンドローム

Comment

Add your comment