ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

Sugar「dazzling ruddy afterglow」@仙台HOOK 

4月のリキッドワンマン以来の砂糖でした。

2008.07.22

afterglow
antlion
JAM
苦悩と憂鬱に溺れて(多分)
自腐
Candy

en
ベリー


あれ、主催なのに曲数少なくないか?
こんなもんだっけ?
あっと言う間だったな~。

スタート前、HOOKのスクリーンにafterglowのPVが延々とリピートで流れる。
しーたんが映る度お客さんが沸く(仙ギャには新鮮なんだろうか笑)。

そして登場SEが鳴ると、みんなが手拍子で迎える。

え、え、え、え、え。

…これどこのlynch.?????

しかも最初に登場したあっくん自ら手拍子で煽る!

え、え、え、え、え。

リニューアルあっくん、普通に池様で少し寂しい…。
何か「見る人によっては池なのかもしれない?」というギリギリのラインが好みだったのにちょっと残念…(喜べよ)。

最初のMCもロキ様じゃなくてあっくんがカンペ見ながら喋ってた。
バンド内権力を感じる。

アンコが何故かベリーコールでワロタ。
そんなわけで、月に~の予定を差し替えてベリーに。

しんごが物販営業(←喋りが麺に成長してた)。

…ふむ。

何か普通にカコイイ。
ソツがない感じ。

あんだけ服着ろとか言っときながら、いざ露出してないロキ様は物足りないわね。
スーツ的な衣装で男前度はアップなんだけど。
プルプル二の腕が恋しいわ。
ごっめん散々服着ろとか言って!
私が悪かった!!!!!

そういえばトルソー抱いたりしてた。

ライヴを見始めた頃、ロキ様が「あ様+真様」に見えたって記述した覚えがあるけど、自腐のとき一瞬ほんとにそう見えて吃驚。
ステージングもただのクネクネじゃなくてステップが軽やかに。
それでも要らんほど投げチッス飛ばすのがロキクオリティー。

カコイイ路線になりたいのかどうしたいのか。
まあ彼らが楽しければそれでいい。

で、毎度セトリすら覚えられない私がこうやって書けるほど冷静だったんですよ。
全然バンド自体は悪くないんだけど、最初の衝撃や、今年頭の「ここからどうなるんだろう」っていう期待感が全くなかったんだねえ。

前述した通り普通にカコイイんだが。
自腐→Candy流れは相変わらず好きなんだが。
静かな曲でじわーんと聴かせるのも欲しかったな。
シャレオツなのもいいけど、錆とか凍炎みたいな「いかにもヴィジュアル系!」って曲もまた聴きたい。

ちゃんと楽しかったし、ヘドバンもしたし。

でも、何か表現できない違和感が残る。

もや。

アガるわけじゃないけど、暫くライヴ休憩しようかしらと思いました。

でもいつかもっともっとデカい会場で見てみたいと思ったのはマジなんで、彼らの今後を遠目に見守りたいと思います。

Comment

Add your comment