ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス・イン・ワンダーランド 

そんなわけでヨボりながらGやと映画アリスを見て来た。
ここ最近は誰かと行く約束がないと映画館へ足を運ぶのが億劫で億劫で…。

さて、アリス好きなバンギャルさんは多いと思いますが、私は昔からそれほど“少女性”に惹かれることはなく、アリスの物語も特別好きというわけではない。
ジョニー・デップ×ティム・バートンだから取り敢えず見ておこうか位のノリで。

エンタメとしては標準点。
GW向けの娯楽作品としてはアタリなんじゃないでしょうか。

それにしてもバカ水の後藤さんが書いていらっしゃる通り、白の女王はいけ好かないねえ(笑)。
ヲタク・腐女子・バンギャルという三重苦を背負い、日陰を歩いて来た人間としてはどうしても赤の女王のほうが共感できるわ。
美人・優等生・皆に好かれるいい子ちゃん・それでいて嫌な女。
白の女王みたいな妹がいたらそりゃグレるって。
例え商業向けのエンタメだったとしても、ティムは日陰者を描くほうが上手い。

そしてふと思った。

アリスにおけるワンダーランドは、バンギャルにおけるライヴハウスなのではないだろうか。

永遠の少女性を描かずに、モラトリアムの賞味期限を意外とリアルに描いてしまった故、完全なるファンタジーには成り得ていない。
その辺が随分とリアルでエグい。

PIERROTの『HUMAN GATE』における“子供の頃夢見た白馬の騎士は現れない”だなコレはまさに。

いやーしかしどの女性キャラよりもマッドハッターがヒロインだった。


◆アリス・イン・ワンダーランド オフィシャルサイト
http://www.disney.co.jp/movies/alice/

Almost Alice
Almost Alice
AMC 2010-04-14
売り上げランキング : 775

おすすめ平均 star
star輸入盤と国内盤の価格は約500円。買うなら間違いなく国内盤!
star超豪華メンバー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ALiCE IN WONDERLaND
ALiCE IN WONDERLaNDサントラ

WALT DISNEY RECORDS 2010-04-14
売り上げランキング : 627


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。