ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

emmuree“SUMMER CARNIVAL 2010 TOUR ~熱帯夜~ ウェンズデー Presents 『アンチ2エイジング』”@仙台HOOK 

123932231.png

記念すべき5回目のアンミュレ@仙台HOOK!


2010.07.02


・ロザリオ~罪人に捧ぐballad~
・棘と罰
・angel's watercolor
・月に溺れる蜜蜂
・miss【drain】
・ROSES~骨と薔薇と闇と光~
・ラブレター

約2ヶ月振り、ロクメー単独以来のあんむれ!
灯陰リリースツアーの仙台(3月)&4月の単独は、ほんとに久々ということでかなり構えていた感があったけど(思い入れが強過ぎるあまりロヴェが溢れ出して気持ち悪くなる位に)、今回の仙台はただひたすら楽しい気分で見ることができました!

日想記にも書かれている通り、確かにチョマン(※超満員)の会場で演って欲しいセトリだったかも。
単独の本編後半を凝縮した印象。
でも凄くバランスの良い熱いセトリ。
ほとんどの曲でヘドバンしていたので頭もげそう。
ピクニック状態(※会場がスカスカな様子)だったため、2柵をゲトして非常にヨボヨボしい柵ダイをしてみました(笑)。
私の隠居バンギャっぷりに反比例するかのごとく、何その攻め攻めなステージは!
たった7曲なのに首が痛い…。
あんむれで後遺症を負うなんて…そんなまさか…。

てゆうかマジでロザリオ一発目ってヒギャーーーーー!!!!!(この時点でムレロヴェテンションMAX)
みっくんってばそのためのベース交換?????

あと、まさか今回の仙台でラブレを演るとは思わなかった。
不意打ちだ!
あんむれのラブレに集約されている情念やノスタルジーが好き。
そして「angel's watercolor」の放つ温かさや力強さが大好き。

灯陰曲も随分ライヴに馴染んできたと思います。
どの会場で見ても客を引き込むパワーは相変わらず。

個人的には仙台で見るアンミュレがだいぶ定着してきた感じ。
もちろん単独やイベントも大事だけど、私にとって仙台のあんむれは特別なんだ。
だから9月に再び仙台で見られることが嬉しくて堪らない(amber grisよ、ありがとう)。

…Angelo@仙台ワンマンと日程被ったけどなー…(笑)。

…。

果たしてハシゴなるか?????
頼むから全力でトリ前の出演お願いします…。
万が一アレな場合はお兄ちゃんを丸々蹴ってでもあんむれに行くから(本気)。

ヌーフライヤーによると、8/27リリースの会場限定音源タイトルは『真っ赤な林檎』だそうです。
emmuree plesents『emmuree Summer Festival 2010 ~熱帯夜~』、熱帯夜男達と共に是非、寝苦しい夜を…。

・みっくんの髪型が梅雨仕様だったwww(※要するにいつもの気合い入った巻き毛ではなくペタッとした感じ)

・みっくんのあんむれ初登板な彼はムレ本内ベースカタログの右上のやつかな?シルエット的にそうだったと思うんだけど照明が赤くて良く分からんかった

・想さんの衣装は白のアウアアスカート。前回(第1回メルティ前後)の短髪に比べてセンスの良い短髪だとオモタ(笑)。口紅は赤黒?????何ぶん照明で以下略。相変わらず腰が細過ぎて砕いちまいたい

・ゆっきーはそれほど髪切ってなかった。前髪美少年風+タンクトッパー

・仙台HOOKで見るハルカkunはいつもより長身に見える

・想さんMC(ウロ覚え):「この仙台からemmureeはサマーカーニバル2010ツアー熱帯夜ということで…(ゲホッ)下半期うんちゃら」「ライヴやると雨降るから雨男だとかほざいている人間が周りにいますが、emmureeは熱帯夜にしてやろうかと、笑」

・想さんがいつにも増してエロかった(背中を伝う汗が…それは反則だ笑)

そういや、今回のウェンズデー主催テーマは『アンチ2エイジング』(笑)。
私も同行者のGやもずっと口角が上がりっぱなしで非常に良いアンチエイジングになったと思う(笑)。
ヨボりながらも若返り…。

よく「シーラカンス(生きた化石)」と比喩される彼らだが、毎回少しずつ前進している様子が伺えて、何度見ても飽きることはない。
そしてフールズ密室特集のムレインタビュー、私がemmureeに対して感じていることそのものだったので凄く安心した(純粋に嬉しい)。
バンギャル活動の果てに辿り着いたバンドがemmureeで良かった。
そんなことを最近よく思います。


B003SFU4V4FOOL'S MATE (フールズメイト) 2010年 08月号 [雑誌]
フールズメイト 2010-06-29

by G-Tools

Comment

Add your comment