ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

emmuree Presents 『emmuree Summer Festival 2010 ~熱帯夜~』@高田馬場AREA 

2年振りのサマカニ参戦!
2008年のサマカニ3daysがつい最近のことのように思えるから不思議だ。


2010.08.27


100827_2231~01
▲コレがdensetsuのむれむれティッシュ…†(備長炭ブラック)


100828_2325~01
▲会場限定シングル『真っ赤な林檎』


物販は今までにない盛況っぷりでした(まさかあんむれの物販で並ぶなんて…)。


キカイ(O.A.)
一瞬「キカイ動員」で入ろうと思ったんだけどやめたんだった(ゴメン想さん笑)。

てゆうか、

想 さ ん 腕 出 し (本日の衝撃その1)。

想さんの二の腕はまるで大福モチのようでした。
若干ハリのない感じが余計そそる。
イチゴ大福…。

キカイとは、アンミュレのVo.想さんのソロユニット。
何気に初見だ。
サイレンス的な衣装(ターバンあり)でまさかのノースリーブ。

「祈り」のアレンジver.とかムーディーな楽曲を同期とアコギ1本で演奏しつつ、物販紹介など(むれっとティッシュの紹介で独り噴き出す想さん)。

そして噂の黒猫サスケさん最新シングル「I love youが言えなくて…」(元ネタはあんむれ10周年本参照)。
黒猫サスケさん本人(本猫?)は声のみ参加。
ニャーニャー。
サビでは想さんが「ニャニャニャ」と情熱的に歌い上げる。
何だコレ…酷くシュールだな(笑)。
このまま激しく音源化キボンヌ…†
ウチの黒ヌコたんに聴かせてあげたいので(笑)。


L'eprica

・3rd blood & pain
・glossy
・アドルフからの手紙
・florence
・白い花(emmureeカバー)
・fragile

ご無沙汰のレプリカ!
4月リリースの音源通り、かなり良くなっていたよ!
眠い・ダルいだけのバンドじゃなくなっている!
黒くて、激しくて、素直にカコイイ。
らやん成長した。
そしてXiNさんの華麗なギタープレイに惚れ惚れする…(すごく…杉スレです…)。

オリジナル曲のほかに、今回はサプライズ的にアンミュレの「白い花」をカバー。
途中でいつものアウアア衣装に戻った想さんが乱入。
黒百合デュエット再び!

らやん「ものまね歌合戦のコロッケみたいな気分…」

ところで、ベース加入おめでとうございます(サポートなのかな?)。
とてもレプリカに馴染んでいて良かったと思う。
11月のアンコールツアーでは初めて仙台へ来てくれるので凄く嬉しい!
宣伝しておくから!!!!!

いやーしかし、らやんが下手へ絡みに行く度、逐一身悶えているG藤さんの姿が印象的でした(笑)。


SaTaN
初見。
今回のコンセプトはアリスらしく、ステージのセットも凝っていた。
ブラックなアリスの世界。
キラキラした電飾がディズニーランドみたい。
マイクスタンドに吊り下げられた人形とか、手描きの背景とか、ちょっとしたチープ感がコレまた雰囲気満点だな。
こう、カラッとしたアメリカ的なホラー感?

轟音の中ステージを所狭しと動き回るメンバーが迫力。
外タレにしか見えない。
んで、下手のウサギがイケメンだった(コレは良いロン毛)。
アリスもゴツ可愛かった(笑)。

ファンの激しい暴れっぷりにヨボは微笑ましく思っていたよ。
音源よりライヴで暴れたほうが楽しそう。
ちょっと音がデカ過ぎたのがアレでしたが、ショーとして面白いバンドだった。

今回のアリスver.は次回10月のショーをもって一度幕を閉じるとのこと。
アリス好きな方はこの機会にどうぞ。


MONAURAL CURVE

・deep guilt
・subliminal(新曲)
・短命チャイルド
・CINDERELLA
・stars
・Life is(新曲)

何と3年振りの出演!

幕が開いた瞬間、ステージの真ん中へ大胆に佇むズルヲ…!

終演後の俺ら「モノカーはズルヲが輝くためのバンド」で満場一致。

ズルヲ「オレ…私…や、何かもう私とか言うのやめようと思って!」

…ズルヲ…いきなりキャラ崩壊してるよ…。
でも煽ったり跳ねたりで楽しそうだった(…そのままの君でいて…)。

久々ということもあってか、バンドの空気が非常にユルい…(笑)。
Vo.ハノンさんなんか仕事帰りのリーマン風なんですけど!
実は最初ズボンのチャックが開いていたとか何とか(笑)、そこはMCにしなくていいから(笑)。
妙にたぎっているズルヲ以外のメンバーは淡々と演奏。

音楽性はニューウェーブでポストパンクで80年代で凄く好みなんです。
センスが良い。
個人的には過去音源も新曲もまとめて音源化すればいいよ!

さて、次のライヴは何年後かね…?(笑)


amber gris
前回の仙台に続いて2回目。

1曲目のインスト的な演奏で「おっ?」となったけど(9月リリースのミニアルバムに入る曲かな?)、やっぱりまだよく分からないままだった。
掴みドコロがない。
バンドの全体像がまだフワフワしている感じ。
どんなバンドになりたいのかイマイチ分からないんだよな~。
強いて言うなら童話?

それぞれの過去バンドや好きなバンドのスタイルが混沌としていて固まっていないのでは、と感じた。
私的にどうしても、るびえラストと比較してしまうのがもどかしくもあり。

手鞠「1年前(サマカニで)お披露目させて頂き…あのときは産まれたての小鹿のように震えていた僕らもようやく地に足をつけることができました…」

いやいやいや手鞠あんたまだまだ産まれたてのバンビちゃんみたいだから…!

手鞠のMCがるびえの頃とは違って穏やかなのが印象的。
喋っているときも歌っているときも少年のような表情を見せるね。

個人的にはるびえ時代の必死な「跳べ!跳べ!」という煽りが好きだったんだが(笑)。

もうちょっと…もうちょっとでバンドが引き締まりそうな気もするんだけどな~。
一体何が足りないのか。
来月発売の新譜を聴きつつ、もう少し様子見しようと思います。


emmuree

・真っ赤な林檎
・絵空事の色彩
・miss【drain】
・棘と罰
・頽廃ロォマンス
・angel's watercolor
・ROSES ~骨と薔薇と闇と光~

en.
・熱帯夜
・葬列とxxx

想さん「寝苦しい夜にしてやろうかぁー?」

ライラライの煽りで激しくキャラ崩壊。
煽りがヘスだ!
ヘスだよヘス!
何かもうオジサン頑張り過ぎ。
想さん息上がって歌詞の一部が歌えていなかったりな!(笑)

今回のアンミュレはサマカニらしく熱いモード。
それでも芯は全くブレないと言うか、あんむれの安定感パネえ。
歪みねえ…歪みねえよ…。
あんむれにはいつも驚かされるよ。

てゆうか、

想 さ ん 脇 毛 処 理 済(本日の衝撃その2)。

…。

このせいで1曲1曲の感想をあまり覚えていない…。
正直スマンかった…。

新曲は「そうきたか!」という感じ(どんなだよ)。
今までのアンミュレにはありそうでなかった曲。
熱帯夜がエロい。
是非、お買い上げ宜しくお願い致します。


そんなわけで、総括して流石あんむれ主催は対盤ハズさねえな~と。
長丁場だったけどバンギャル同窓会的な雰囲気も兼ねて全編楽しめました!
超久々の方ともお会いできて嬉しかったです!
初めましての方はあまりお話できなくて残念!(またどこかで~)

まさかのアンコールツアー(仙名阪)も決定し、ノリノリ過ぎて多少戸惑いを隠せないが、バンドが元気なのは良いことだ。

俺たちの夏は11月まで終わらない……†

サマカニアンコールツアー『もっと寝苦しい夜を…』

Comment

Add your comment