ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒本… 

DSC_0005.jpg


ずっと楽しみにしていたインタビュー本『obsidian』(コードネーム:黒本)が届きました。
ピンポイントで私の好きなバンドがズラリ…。
普段なかなかインタビューを読めないアーティストばかり掲載されているので貴重な一冊です。

や~黒本を読んでいたらV系よりも洋楽が聴きたくなったな~。
一時期ハマっていた黒い方面の。

いわゆる“中二病”じゃなくて大二病って言うのかなアレは…。
V系バブルも弾け、好きだったバンドもちょっと違う方面を向き始めた頃、手を出したのがゴス的な音楽でした。

「オイちょっとコレはV系とか聴いてる場合じゃねーよ!」
「こ、こんなに暗い音楽があったなんて…」


と衝撃でしたね…。

そんな私も、昔は好きな麺が影響を受けたバンドや音楽を辿ってアレコレ聴き漁るのが好きだったんだけど、歳を食ったせいか趣味が固まってあんまり広がんなくなっちゃった。
黒本に出ているバンドは、みんな純粋にバンド&音楽が好きで、読んでいるうちにそういう感覚を思い出した。

私はemmureeの歌詞に共感することはほぼないんだけど(笑)、パーソナルな部分を語られると凄く納得してしまう。
「人間が陰湿」って分かるわ~めっちゃ分かる(笑)。
自分もそうだから。
あと、想さんの「昔はサブカルとか興味あったけど大人になるにつれどんどん興味なくなった」ってのもかなり頷けるわ。
大二病の時期は妙にアーティスティックなものとか前衛的なものとか興味津々だっけどぶっちゃけ今はどーでもいいや。
やたらと近代アートぶっている感じの作家も嫌いだし。

中二病を一周半した今は分かりやすいものが楽しくて仕方ない。

王道最高。
V系大好き。

あ、まだ読んでいらっしゃらない方はスミマセン。

黒いバンドが好きな方もそうでないけど気になる方も、非常に興味深い内容なので是非手に取ってみてください。

interview book 『obsidian』(コードネーム:黒本)

B5サイズ / ほぼフルカラー(P2とP99がモノクロです) / P100 / \2,000(税込)
interview : Reiko Arakawa(zoisite)

●取材アーティスト(収録順・敬称略)
Közi / amber gris / emmurée / L'eprica / MUNIMUNI / Kaya / nigu / aie / 朱鷺 / 犬神サーカス団 / aki / baphomet(9GOATS BLACK OUT)
photo galleryにLUNA MATINOとL'epric-en- Cielのライヴ写真も収録(←貴重)。

>>http://www.zoisite.co.jp/shop_provisional.html


暗過ぎて衝撃を受けたCDとか(マジ・・・オススメですよ・・・)↓


In the Flat Field Press Eject & Give Me the Tape Pornography Dead Can Dance (Reis) (Spkg) ザ・サーペンツ・エッグ
First Last & Always Join Hands The Best Of Alien Sex Fiend

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。