ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切りxxxx 

裏切り×


って響き、懐かしいよね。
昔のペンフレ募集コーナーを思い出すよね…。

一体何を基準にしての裏切りなのか…。
人によってそれぞれ違うと思うんだけど…。

私は昔…ヴィジュアル系(バンギャル)に転がる以前、ビーイング系のWANDS(第二期)が好きだったんですよね。
Vo.上杉昇&Gu.柴咲浩の脱退を受け、似たような声質のVo.を入れ、オルタナティブロックに傾きかけていた音楽性を大衆的なジャパニーズポップスに軌道修正したWANDS。
何だか大人たちに上手く誤魔化されたような気がして、物凄く裏切られた気持ちになったモンです(だから第三期は全く追っていない)。

その後ほどなくしてEins:Vierにハマるわけだが、一度もライヴを見ることなくVo.Hirofumiが脱退。
それでも新しいVo.を入れ、活動を続けようとしたアインス。
Vo.が変わった時点で完全に別物となったはずなのに、何故アインスを名乗るのか、当時はやっぱり意味が分からなかった(そんなわけで解散まで追うことはできなかった)。

バンギャルとしての青春を駆け抜けたPIERROTも、次第に私が求めていたものとはかけ離れて行った。
それぞれが同じ方向を向いていないのに、どうしてまだPIERROTであり続けようとするのか。

それでもなお、形を守ろうとする側の気持ちが、昔は全然分からなかった。

今は…何となく分かります。
「分かる」なんて、おこがましい感じはするけど。

だから、できれば。
頭ごなしに否定することはしたくない。

しないで欲しい、と思いますね。





どうか私のように後悔せぬよう、今好きなバンドを全力で愛してあげてください。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。