ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

DEATHGAZE ONEMAN TOUR 2011「BLISS OUT MIND」@仙台HOOK 

2011.01.16


年明け一発目のライヴはDEATHGAZEの仙台初ワンマンでした。

1年以上振りのデスゲ!
めっちゃ格好良かった!

普段ヨボヨボ言っているわりにはフルで暴れ倒して来ました。
ああ…首の痛みが心地良いyobo.(現在進行形)
巣ごもりバンギャはいざというときのために体力を温存しているのです。

始まる前は「今日は独りだしもう齢だし明日は仕事だし自重…」とか思っていたけど全く無駄だったね!(笑)
開演、客電が落ちるのと同時にファンが両手でデスゲタオルを一斉に掲げるじゃないですか。
アレを見たらマジ昂ぶるよね。
ファンが本気でバンドのことを応援していて楽しんでいるのがダイレクトに伝わってくるので凄く気持ちが良い。
男性も多くて熱かったな~。

今回のセトリはニューアルバム『BLISS OUT』の曲を中心に、「-1」「Evoke the world」「genocide and mass murder」「unchain wing」「死桜」「闇に雨 腐敗した世界」辺りを織り交ぜつつ(ウロ覚えにつき順不同)。
ライヴで初めて聴く曲もすんなりと馴染んでいました。

正直なところ私はあまりヴォイヴォイ言うバンドは好まないのだが、デスゲは滅茶苦茶ツボなのよね。
ひたすら激しくゴッテゴテにヘヴィーかと思いきや、往年の名古屋系を彷彿させる哀愁漂うメロディーセンスが何とも堪らん。
クリーントーンのギターフレーズもV系ならでは。
侘び寂びの効いた非常に日本人らしいヘヴィーロックだと個人的には思います。

新曲では歌い回しにも変化が見られ、グロウルはより凶暴に凶悪に、ミディアムテンポの曲では艶っぽく…。
てゆうか地声含め藍ぼんの声が好きだ…。
ドラムも歪みねえよ…。

1回目のアンコでは直樹さんのドラムソロタイム。
直樹「仙台(凍って)滑り過ぎなんだよ!(うんたらかんたら)溶かしてやろうぜー!」
2回目のアンコでは藍ぼんが「2011年もこうしてライヴを演れることが言葉にならない位嬉しい」と話していました。

いやしかしデスゲも安心感とライヴ後の多幸感が凄いな。
ゴリゴリなのに幸せ。
あったかい。
続けることの格好良さ、を感じる。
メンバーからもファンからもパワーを貰った気分。
去年は(何度か仙台に来ていたのにも関わらず)全く見られなかったので、年明け一発目のライヴがデスゲで良かったです。

ライヴはいいな~ほんとにいい。
ライヴハウスへ行くようになってから小学校2回卒業できる位の月日が経ちましたが、デスゲのライヴは初心を思い出させてくれました。
特定のバンドに通い過ぎる(もしくは思い入れが強過ぎる)と邪念が宿る。
そんなもん取っ払って素直に参加したほうが全然楽しい。

やっぱり私は定期的に動くライヴへ行かないと駄目だな。
アンチエイジングにデトックス(笑)。
デスゲ健康法。
あの、ほんっっっっっとに元気貰えるんで気になる方はCDを買って今後のツアーに参加してみてくださいね!
V系に熱さと男気を求めるなら是非。


FxCam_1295283058330.jpg
▲仙台初ワンマン記念にまだ買っていなかったライヴDVDを購入。最高だったのでお布施お布施


B00450XPIABLISS OUT [豪華盤]
DEATHGAZE
enter brain 2010-12-08

by G-Tools

Comment

Add your comment