ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブクオフなどでヴィジュアル系のCD買うお~番外編・仙台の中古屋~ 

先日、「物欲がピークに達してしまったため、ブクオフ巡りを一時活動休止させて頂きます…」と言った矢先、たまたま立ち寄った仙台の中古屋で再び発掘してしまったためついうっかり購入。


今回の戦利品↓


Aliene Ma'riage『Les Soirée 夜の舞踏会/断罪の章~神罰篇』 105円

2011_01_30_18_25_30.jpg

2011_01_30_18_26_30.jpg

Les Soiree 夜の舞踏会/断罪の章~神罰篇Les Soiree 夜の舞踏会/断罪の章~神罰篇
Aliene Ma’riage

曲名リスト
1. 神罰篇~神々の審判
2. 夜の舞踏会~ル・ソワレ
3. 罪と罰(棄てられた記憶)
4. 禁・ジラレタ思考回路
5. 精神隔離症の『』と霧遊症の『』
6. 撲『しもべ』
7. 『虐』~呪ワレタオルゴールノ中デ
8. 古の愛物語~エンドレス
9. SUICIDE~洗礼の章

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

…。

ジャケ・曲名・歌詞・音、その全てから時代の熱気を感じる!!!!!

ジャリバン代表バンドとしての熱気を感じる…!
当時、時計付きのアレを買おうとして何度も踏みとどまったのを覚えているわ。
数年後、今は亡きスーレコで投げ売りされていたのを見掛けたけど…。
昔はその良さが全く分からなかったが、ジャリバン愛好家のみなさまの熱意を浴びているうちに徐々にハマってきた自分が恐ろしい。
むしろアリエネパネえ。
平気で音を外しまくる狂華様もパネえ。
しかしハードでコアな演奏は今でも充分に聴ける。


賛美歌『甘く危険な香り』 105円

2011_01_30_18_27_38.jpg
▲チープなデザインが時代を感じる。

2011_01_30_18_27_57.jpg

2011_01_30_18_36_52.jpg
▲まさかの8cmシングル。
 コレを取り込むためにわざわざ外付けCDドライブを引っ張り出したyobo.
 (※MacBook Proはスロットローディング方式)

2011_01_30_18_37_11.jpg


賛美歌について詳しくは「さわやかトラウマ日記」さんの記事をご覧ください。

(ex.賛美歌~RUNA)yabuki様は真実のロックスター!!!その①
(ex.賛美歌~RUNA)yabuki様は真実のロックスター!!!その②
(ex.賛美歌~RUNA)yabuki様は真実のロックスター!!!その③~最終章~

最初は「賛美歌想像以上にゴミでワロタwwwww」「凄い…よくこんなCDが流通できたな…」と思っていたけど、ずっとイヤホンで聴いていたらyanuki様の息づかいが(素で)きもちわるくてだんだんハマってきた…。
真夜中なのに笑いが止まらない。
取り返しが付かなくなる前に誰か止めてください。


Psycho le Cému『理想郷旅行ガイドディスク』 105円

2011_01_30_18_29_12.jpg

2011_01_30_18_29_39.jpg

サイコのインディーズ2ndシングル。
あの2枚を聴いた後だとキャッチー過ぎて非常に安心する。


以上の音源はサウンド・ユー一番町店(仙台MACANA隣)にて。
サウンド・ユーは洋邦入り交じってV系の中古盤(貴重盤)も置いています。
常に投げ売りセール中(私が10年位前に売り飛ばしたCDも普通に置いてあった…)。
仙台遠征の際には是非寄ってね!

そうそう仙台の老舗中古屋ジェー&ビーが閉店セールをしていました(泣)。


ヴィシャス・プレゼンツ・V-セレクション 50円

2011_01_30_18_28_25.jpg

2011_01_30_18_28_50.jpg

シンコーミュージック雑誌「ヴィシャス」監修による話題の邦楽アーティスト・セレクションする洋楽スーパー・ヒッツ・アルバム!

 豪華メンバー・ラインナップ! IZAM、千聖、和也& RYUJI (ファナティック クライシス)、SHUSE(ラクリマ・クリスティー)、Junji(ラピュータ)の6アーティストが、それぞれの想いを込めたオリジナル・コメントと共にフェイバリット・トラックを各2曲セレクト。現代のティーンの「憧れ」である彼ら自身が「憧れていた」洋楽の曲を暖かいメッセージと共に送る企画盤。トータル・プロデューサーには編集部を挙げてのバックアップ体制のVicious編集長井口吾郎氏&副編集長土居秀人氏。

 もちろんジャケット、バックカバーには全アーティストの写真を使用!これだけのアーティストが集まったショットは他では絶対に見れないのだ!

特に欲しくなかったのだが「長年のご愛顧ありがとうございました」の貼り紙に涙し「何か一つでも買わなきゃ!」と思って買った。
ヴィシャス懐かしい。


ああしかし…何故2011年にもなって新たにジャリバンの扉を開いてしまったのか…。
V系バブルのジャリバン全盛期には時代に逆行してB-Tとかグニュウとか聴いていたのでジャリバンほとんど知らないのよね(バンド名とメンバーは知っていてもちゃんと聴き込んでいない)。

では、今度こそ「ブクオフなどで投げ売りされていたら是非とも救出して頂きたい過去の名盤ガイド」を執筆しようと思います。

つづく。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。