ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブクオフなどからV系名盤救出作戦 その4 ~Laputa~ 

【ブクオフなどで投げ売りされていたら是非とも救出して頂きたい過去の名盤ガイド】
~Laputa~


B00005GM7I麝~ジャコウ~香
Laputa
EMIミュージック・ジャパン 1998-03-18

by G-Tools



今回ご紹介させて頂くのは、“ダーク・ハード・メロディアス”というコンセプトを打ち出し、後のダーク系バンドに大きな影響を与えた「Laputa」。
バンド名は『ガリヴァー旅行記』に登場する空想人の島にちなんだもの。

過去へ遡るほどダークに、逆に辿ればデジタルサウンドへと、続けて聴けばうっかり笑いが込み上げるほどその変化は著しいですが、Laputaであることの核は決してブレない。
それはやはりVo.akiの魅力的な声、そしてGu.kouichiによる泣きのメロディーがあるからこそ。

中でも特にお気に入りなのが、メジャー3rdアルバム『麝~ジャコウ~香』。
アルバム全体に流れるオリエンタルな雰囲気、白と黒・静と動のコントラストが絶妙。
毒を孕んだ艶やかなアルバム。

Laputaはブクオフなどでの投げ売り率もそこそこなので、気になった時期のアルバムから聴いてみてくださいね。


私が消える
2011_02_10_00_39_19.jpg
▲Gu.Kouichiが加入する以前の音源。
Gu.hideno(ex.merry go round)、Ba.Kusuba(ex.Lucide、ex.Kraidhearz)在籍。
ちなみにJunjiはGu.だった。
歌詞も音楽性も恥ずかしいぐらいドロドロのヴィジュアル系。

眩~めまい~暈
眩~めまい~暈
眩めく廃人
眩めく廃人
▲インディーズ期のフルアルバム&ミニアルバム。
Gu.Kouichiが加入し、ようやく「名古屋系」らしい“ダーク・ハード・メロディアス”感が頭角を現してきた。

蜉蝣~かげろう~
蜉蝣~かげろう~
▲メジャー1stアルバム。
侘び寂びのあるメロディーラインに疾走感。
日本人ならではの情緒を奏でている一枚。

絵~エマダラ~斑
絵~エマダラ~斑
▲メジャー2ndアルバム。
どのアルバムよりもHR/HM色が強く、攻撃的かつ閉塞的。
ハードな音を求めるなら是非このアルバムを。

翔~カケラ~裸
翔~カケラ~裸
▲メジャー4thアルバム。
Laputaのアルバムの中でも、最も聴きやすい音源だと思います。
ダークだった初期から、後期のデジタルサウンドへ移行する丁度中間を担う作品で、当時「収録曲全てをシングルカットしても良い」とメンバーが言っていたように、1曲1曲のクオリティーが非常に高い。
初めてLaputaに触れる方はこの作品を軸に漁るのが良いかと思います。

Laputa Coupling Collection+XXXk[ 1996-1999 Singles ]
Laputa Coupling Collection+XXXk[ 1996-1999 Singles ]
▲隠れた名曲揃いのカップリングコレクション。
アルバムでは表現し切れなかった独特の雰囲気を持つ楽曲を多数収録。
かなりオススメです。

楽園~ヘブン~
楽園~ヘブン~
▲メジャー5thアルバム。
ここら辺からデジタル色が強くなってくる。
シンセなどさまざまな音の融合が大変心地良く、個人的にはここで一度Laputaの音楽性は完成されたと思う。

glitter
glitter
▲『楽園~ヘブン~』と『誘~New Temptation~惑』の間にリリースされたミニアルバム。
キラキラ&デジデジ。
初期はあんなにドロドロした歌詞を歌っていたバンドが「ぽっぽっぽっぽっぽっ」と言い出しファンを戸惑わせる。
何だかんだで私は好きですが(笑)。

誘~New Temptation~惑
誘~New Temptation~惑
▲メジャー6thアルバム。
突如としてギラギラな音楽性に変貌を遂げた。
初聴の際は流石に抵抗があったものの、徐々に慣らされていったアルバム。
しかし最初からここまで辿ると何かの脱落レースみたいだな。

Best AL+CLIPS 2000~2004
Best AL+CLIPS 2000~2004
▲日本クラウン移籍後のベスト。
デジタル色が強まってからの曲はコレ1枚で充分かもしれない。
オリジナルアルバム未収録の「Final」はA面に持ってこなかったのが惜しまれるほど良い。


2011_02_08_19_07_07.jpg

Comment

Name - 整理番号774  

Title - 

どの音楽性の時でも名曲が多すぎる、最高のバンドですよね。当時からずっと持っています。
エマダラのコンセプトはサイバーダークハードメロディアスだったと思います。
「私が消える」は当時ブックオフに売ったので、見つけたら救出したいです。
2011.02.12 Sat 21:32
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。