ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急特別編:備えあれば憂いなし~地震直後に役立ったものまとめ~ 

今回は、地震直後に役立ったものなどを簡単にご紹介していきます。


●まず、意外に役立ったもの。以前もピックアップした音源圧縮術。「MEDIA PASS」(ソフトケース)にCDを入れ替えていたお蔭でヒビ割れなど損害なし。


●あと漫画は本棚(カラーボックス)に収納する際も100均で売っている不織布ケースに入れておいたほうがいい。バラバラになると後片付けが面倒。

●備えておいてかなり役立ったものは以下の通り。

・エネループモバイルブースター(密林では高騰しているので他のストアで探そう)

ダイナモラジオ+α(正直ラジオが一番役立った)
・懐中電灯(必須。充電式&乾電池式の二通りあると便利)
・ローソク(余震が多いときは使わないようにしよう。危険だから)
・ケータイのワンセグ機能(普段使わないのに大活躍)
・カセットコンロ(電気が復旧する前)
・電気グリルなべ(電気が復旧してから大活躍)

・電気ケトル(同上)

・ウェットティシュ
・災害用ハンディ浄水器(2000円位するやつ。溜めておいた風呂の水を浄水するのに)
・防災グッズ一式(こういうやつ↓)

・袋菓子(サクサクしたのと甘いの)
・カップラーメン
日持ちする天然酵母パン
・自作冷凍食品(下記で紹介)
・米(鍋でも炊けるので)
・水出し玄米茶(喉が潤う)
・どんぶく(あったかい!)

●買っておけば良かったと後悔したのが水の要らないシャンプー。現在入手困難かと思いますが発見次第購入をオススメします。それと自分の車から充電取れるやつは買っておけば良かったな(間違っても他人の車から取るなよ!)。


◆自作冷凍食品の簡単な作り方(1)
葉モノ野菜なら茹でる必要なし。きのこ類もそのまま冷凍保存OK(同じく茹でる必要なし)。洗って水気を切って調理しやすい大きさにカットしてそのまま保存用のビニール袋に入れて冷凍庫へ。停電しても暫くは大丈夫。おまいらホウレンソウ食べようぜ!

◆自作冷凍食品の簡単な作り方(2)
根菜は食べやすい大きさにカットして電子レンジで軽く茹でて冷ましてから冷凍庫へイン。炊いたご飯、生肉&魚、とろけるチーズ(徳用ピザ用)も小分けにして冷凍保存しておこう。天然酵母パンもカットして冷凍保存すれば一ヶ月は余裕&風味そのまま。ちなみに食パンもそのまま冷凍できます(解凍してフレンチトーストにすると美味)。あと納豆も油揚げも冷凍保存できるが、こんにゃくだけはやめとけ。地震以外でも一人暮らし&主腐の方はマジオススメですよ…†


●あと我が家は2人家族(+1匹)だが、常に業務用のカレー粉&シチューの素を買っている。カレーで一ヶ月籠城できる備えは日頃から心掛けておこう。カレーの材料は応用が効くからね(シチューにも肉じゃがにもできる)。

●地震一週間前の我が家の夕飯メニュー:カレー→チーズカレー&ナン→オムカレー(ケチャップライス)→カレーうどん→鍋にこびり付いたカレーでドライカレー。カレーとご飯をぐちゃぐちゃに混ぜてカレー雑炊、それを更にオーブンでチンしてチーズまぶしてカレードリアの場合もあり。カレーうどんの代わりにカレー鍋にしてもいいですね!カレーは完全食である…†あっ業務用のカレー粉を購入する際にはフレーク状がいいですよ!溶けやすいし味も調整しやすいし!

●ついでに。食事の際、皿などにラップを貼って食べると洗い物が激減して良い。下水対策にもなるし、お湯が使えないと汚れが落ちないでしょ?


以上、震災を体験した働く主腐による覚書でした。
自宅だからできたことだけどね…。

今慌ててレトルト食品や防災グッズを買い占めるよりも、常日頃からイザというとき一週間は引きこもれる程度の装備は整えておこう。

では、このままガス&下水復旧まで頑張ります。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。