ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

相撲の八百長とヴィジュアル系 

世間的に相撲の八百長問題なんてすっかり忘れ去られている今日この頃。
以前ふと感じたことを書かせて貰おう。

何つーか、相撲の八百長とヴィジュアル系は通じるものがあると思う。

相撲が元々は神事であるのと同様に、V系のライヴもバンギャルにとっての神事なのである。

八百長自体が悪いのではない。
例えそれが嘘(ファンタジー)だったとしても客が満足しているのならそれで良くないか?

問題なのは、揚げ足を取るメディアと虚構を貫き通せない当事者じゃないかなぁ。

(今年の大河が最高に面白くないのは中途半端なファンタジー性にあると思うね)

私がバンドにあからさまなプライベートを見せるなって言っているのは、「そこまで私生活を見せてもなお、次のステージでバンドの世界観を演じ切れるのか?」ってことなんだ。

モチロン、V系のバンドマンが時折見せる素の表情は大好物である(ご飯3杯おかわりしたいほどにな!)。
しかし、わざわざメイクをしてスポットライトを浴びる以上、一応そこら辺を意識して貰わないとファンも反応に戸惑ってしまうんじゃないかな。

ついでに街頭で「相撲の八百長が許せない!」って騒いでる人に限って普段相撲を見ていないと思う(私も見ていないけど笑)。

んで、多分今頃はミネラルウォーターを買い占めているはず。

Comment

Add your comment