ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

emmuree『真っ赤な林檎/熱帯夜』 

2010年8月リリースの会場&通販限定シングル。
気付けば感想を書かないまま一年が経とうとしていたので…。


2011_06_13_00_51_58.jpg


1.真っ赤な林檎
これまでのアンミュレにありそうでなかった曲。
強いて言えば、同年にリリースされた2ndフルアルバム『灯陰』よりも『love letter -Dark Mania-』の雰囲気に近いかな。
サビで少し激しくなる以外、ミディアムテンポで大きな転調はないが、全体を通して静かに波を打つような変化が見られる。
退廃的かつスリリング。
陰鬱で、物憂気で。
地下室に沈んでいくような。
仄暗く、それでいてアンミュレの新境地を開拓した。
特に、淡々としつつも楽曲の下地を支えるリズム隊のグルーヴが良い。
また、耽美に浸り切った想さんの歌声は懐古的なV系がお好きな方には堪らないものがあるでしょう。
ダークな世界観を保ちつつも、取っ付き易い一曲だと思います。

2.熱帯夜
どこか昭和歌謡を彷彿させる、エロティックな楽曲。
ノスタルジックで艶やかな色彩を描く。
まず想さんの歌声が妖艶というかセクシーというか…。
ひと夏の経験…みたいな…。
ライヴでもそのしなやかな物腰にうっとりしてしまいます(というか色々と妄想がアレするのでこの曲に関してはこの場で書けることがほぼない)。
ここ数年の色気のある枯れっぷりは異常…†


そんなわけで、会場&通販限定シングルですが、現在も絶賛発売中。
気になった方は是非手に取ってみてください。


太鼓判

emmuree

Comment

Add your comment