ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

語りたくなるアルバム 

久し振りに手放しで絶賛できる新譜の感想を書いた気がする。
先日ご紹介させて頂いたamber grisの『pomander』は、間違いなく2011年V系シーンにおける名盤です。

私の名盤基準=語りたくなるアルバム。
いくらクオリティーが高くてもかっこよさげでも、語りたくならなければ名盤入りしない。
2011年も半年が過ぎた今、ようやくそんな音源に出会えた。
音楽にストレートな激しさを求めている方には物足りないかもしれないけど、“歌モノ”を聴きたいのであれば一級品。
熨斗を付けて手渡したい位。

というか、純粋に…手鞠の歌声に感動してしまった。
まだ歌詞もちゃんと読んでいないし解説本もスルーしているのだが、今回の新譜は妙に涙腺が緩むな…。
歳だからか…歌の力のせいかしら…。

手鞠って最初から歌が上手かったわけじゃないじゃん。
るゔぃえ初期はお世辞にも上手いとは言えなかったし。
しかしRuvie後期~amber grisの流れで相当化けたというか…。
積み重ねてきたものが歌から滲み出る歌い手は好きよ。
Ruvie解散間際はまさに風前の灯火みたいなギリギリ感があったけど、今は穏やかな表情を見せるようになったね。

そんなわけで本日の仙台でアンバーを見るのが俄然楽しみになったぜ~。
チケ予約はDISHなんだが(笑)。
終バスが早いので時間が心配だけどギリギリまで頑張る!
でも仙台七夕の人混みが恐ろしいので行動開始は夕方から…†

amber grisから入って彼の歌声に魅了された方は、是非Ruvieと聽き比べてみてください。
Ruvieも大好きなのだが、『pomander』のあとに改めて聴いたら妙に甘酸っぱく感じる。
青春のほろ苦さみたいな。

手鞠もこっさんも正式なフルアルバムを作るのって初めてだよな?
シングルや限定配布もいいけど、やっぱりバンドの世界観を最も提示できる音源はアルバムだと思うので、フルアルバムを出したことのないバンドは「お願いだから出せるまでもうちょっと頑張ってみない?」と言いたい。


from end. Awakening your’s screaming picture's

Comment

Add your comment