ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

emmuree■Akasic Records Presents修羅場■ ウェンズデー主催イベント【密会】~Before the Halloween tour 2011~@仙台HOOK  

サマカニと黒限@新潟で燃え尽きていたけどやっぱり仙台のハコのユルい雰囲気が大好きだよ~…†


2011.10.07


SILK DUZZ FACTORY(仙台)

・何時何分地球が何回まわった日?
・SHOWER GIRL
・水性シェルター ワンコーラスくらいバージョン
・クリアレター
・ガダルカルカナルタカ~って曲

5月の『幽閉やわ皿』以来、妙に気になっていたバンド。
「何とか間に合った!!!!!」と思いきや、まさかの柵前ゼロ。
常連(最前)すらいないんですけど…仙盤クオリティーェ…。
石井秀仁みたいな衣装の菅野さん(ぼーかる)がニヤニヤ苦笑しながら「みんな…前来たらいいじゃん…(笑)。せめてシルダクからチケ買った人、前来てよ…(笑)」。
ヤ バ い 。
うあああああ懐かしいこのローカルアウェイ感…†
仙ギャって基本的にシャイなんだよ!!!!!
バンドが仙台攻略するのって至極面倒臭いから地方ツアーの中でも特に嫌がられるんだよ!
いいな~このいたたまれない感じ…オバンギャは涙がちょちょ切れたよ…†
そんなわけでボチボチと柵前へ移動する仙ギャたち…(でもセンターには行かないで端っこに寄っている)。
さて、ようやく次の曲…というところで今度はギターの弦が切れるトラブルに見舞われる。
間が持てないステージ…。
ギターが去り、ドラム(遠目から見て物凄く間瀬似)がトークでフォローし、遂にぼーかるがアナゴさん(cv.若本)のモノマネを始め、置いてきぼりのベースがマジ焦りするという…非常に…残念な…。
せめて葉月のモノマネでもしてくれ…†
しかしこのグダグダ感がちょっと楽しい…(笑)。
何とか演奏できた「A katl ana clad AUG」が何回聴いても好みです。
センスがいいから演奏やMCがもうちょっとこなれたら案外イイ線イケるんじゃないかな~(てゆうかだいぶヤングだよね…)。
あと、物販にはちゃんとプライスカードを置きましょうね…(売っているのかよく分からないヨボ††オバンギャに小銭を落とさせてよ††)


Secret Sign(仙台)
「(パッと見)ガ●ットみたいなバンドが出てきたなあ…」と思いきや、何か様子がおかしい。
…楽器隊がいない…演奏が打ち込みだ…。
そして、よくよく見たら前髪をM字バングにキメたぼーかるが3人いる…!
イマドキのラウド系っぽいバンドのようにギャウギャウシャウトしたかと思いきや(激しいパフォーマンス入り)、どこか懐かしい懐古的なメロディーを3人交互に歌い上げる…。
流行りのエアーバンドっつーかV系ぼーかるあるある再現バンドだよコレ!!!!!
ある意味新しいよ!!!!!
…てゆうかメンバーの1人…どっかで見たことが…あ…ウェンズデーの人か…。
ウェンズデーの人以外の2人はVホス系のイケメン。
最初は反応に戸惑ったけど、途中から無性に面白くなって吹き出した(笑)。
ダンスにもうちょっとキレがあれば更に良いと思うよ††


Calmando Qual
そしていよいよ東京からのGUEST共犯登場。
一発目はかなりご無沙汰のクヴァールさん。
もしかしたらTwisted Clock名義以来かも。
アンミュレと仲良しなわりに、なかなか見る機会がなかったので来仙歓迎…†
エモーショナルかつヘヴィーな轟音ロックンロール。
ゴシックなヴィジュアルイメージとは裏腹に、舞台で繰り広げられるのは滅茶苦茶明るいショータイム。
ここは楽器隊の演奏が玄人じみていていいなあ。
響さんが終始ノリノリだった!
マイクスタンドの脚を天井に引っ掛けて歌ったり、所狭しとステージを駆け回ったり、仙台のライヴを凄く楽しんでくれたみたいで嬉しかったです。
是非またアンミュレと一緒にいらしてください。


emmuree

・I hear the clocks counting down
・絵空事の色彩
・miss【drain】
・ジザスカ
・グロセックス
・Lovers -ラヴァーズ-

久し振り(?)の絶望ピアノSEからスタート。
最近はスペイン風味のSEで幕を開けることが多かったので懐かしい気持ちに。

数えてみたら、私が見始めて10回目のアンミュレ@仙台でした(感慨深いぜ…)。
やっぱり自分の地元でのライヴは特別。
HOOKで見るアンミュレっていつも音のバランスが気になるんだけど、今回は想さんも楽器隊も凄く調子が良かったと思う!

想さんの衣装は私の好きなアウアア黒ワンピ+白ロンスカ。
朋さんはアップスタイルの巻き髪でハルカさん&ゆっきーさんはいつも通り。

一曲目のclocks~で、想さんがおもむろに黒い傘をさして歌う。
何とここで小道具を出すなんて…いつぞやの赤いパラソルよりはキマっていたと思います(笑)。
ミスドレ~グロセの流れも激しくて良かったよ~。
久し振りに聴くラヴァーズはとても丁寧で、何だかグッときてしまった。

ラヴァーズを聴きながら思ったけど、想さんまた痩せた?
若干げそっとしていてセクシーだったけど、お酒の飲み過ぎはホドホドにね…†
生活習慣から変えていかなきゃね…もうアラフォーなんだから††(余計なお世話か)

MCでは、想さんが「(ライヴを見て)無理じゃなかったら…†」何度も前置きしてDVDと単独の告知(笑)。
ホントは12月のムニムニ&ゴッドさん@仙台に誘われていたっぽいニュアンス。
単独を目前に控えているせいか「流石に無理…笑」と断ったそう(残念…†)。
でも、来年もまた仙台に来てくれるみたいです。
そして来月の郡山、「仙台からも東京からも近いので来てください」と言っていました。
あんむれ的には仙台がツアー初日だったみたいです(笑)。


The Candy Spooky Theater
去年の仙台以来だから1年振りかな?
ハロウィンと言えばこのバンド!
ステージが一瞬でホラーテーマパーク“スプーキーワンダーランド”に変わる。
ジャック・スプーキーが金髪で、メイクもスタイルも相変わらずの異形っぷり。
ペギィちゃんのウッドベースも間近で見ると更に迫力が増す。
やっぱりキャンディーは音源よりライヴで見たほうが楽しいな~。
世界観に合わせて自然と踊り出したくなっちゃう。
今回はイベントのコンセプト通り仮装をしたお客さんが多かったので、まさにハロウィンパーティー。
ちょっとした宴のようでした。
来年もハロウィンの季節に是非見たいです。
てゆうかカバーアルバムの『V-ROCK Disney』に彼らが参加していないのが不満(笑)。


ウェンズデー
もはや仙台代表・殺女黒十字まこ様が愛しく思えてきたわけだが…。
未だにぼっちだったけど積極的にイベントを開催し、仙台を盛り上げて…くれて…ありがとう††
だって修羅場は彼自身のためのイベントだから!!!!!
まこ様が楽しければそれでいいじゃない!!!!!

アンコールでは、まさかのキャンディーメンバー全員を交えての「THIS IS HALLOWEEN」(The NIGHTMARE BEFORE CHRISTMASカバー)セッション!
若干戸惑い気味のジャック・スプーキー…。
貴重な姿を見られたよ(笑)。


そんなわけで、最近ずっとチョマン(超満員)気味のイベントを立て続けに見ていたので、仙台のピクニック状態が非常に心地良かったです(いいのか悪いのか…笑)。
地元でのイベントを存分に楽しませて頂きました。
仙台楽しいからみんなもっと来ればいいよ!!!!!

Comment

Add your comment