ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

【2011】the god and death stars『addle apple』【名盤】 

2011_10_12_21_09_19.jpg


the god and death stars 1st mini album
『addle apple』

【収録曲】
1.the introduction
2.エレファント
3.addle apple
4.dumb house
5.大麻
6.ロカ


aie(the studsdeadman、highfachionparalyze、etc.)によるユニット・the god and death stars。
メンバー構成は、Vo.&Gu.aie、Ba.kazu(ex.蜉蝣)、Dr.大嵩潤(rowthe)。
待望の初音源です。

インスト「the introduction」から流れるように繋がる「エレファント」。
聴き覚えのある感触。
ドライ&ウェット。
乾いた演奏と湿った主旋律が心地良く重なり合い、どこか郷愁を誘う。
物悲しくて優しくて美しくて、思わず涙腺が緩んだ。
胸が苦しくなるほどのか細さ。
寂寥を淡々と綴る歌詞。

どの曲も「もはやヴィジュアル系ではない」、ポストロックレーベルに所属していてもおかしくない音楽性。
V系のギタリストってソロになるとやたら歌いたがるけど、予想以上にaieの声が良い。
決して上手くはないが、サラッとした耳障りの良い声で、丁寧に、噛み締めるように歌われている。
聴けば聴くほど惹き込まれていく。

ま~今までのaie曲が好きなら確実にハマりますね(笑)。
硬派なくせにキャッチーで、もはやaieのセンスが憎い(笑)。
5曲目「大麻」の醸し出すリズムと雰囲気がdeadmanの銀パラ過ぎるが。

deadman以降ライヴを見る機会が全くなかったんだけど(別に敢えて避けていたわけではない)、aieには常に弦を奏で続ける“さすらいのギタリスト”であって欲しいと思います。

しかし、この手の紙ジャケ…マジ扱いに困るからやめてくれ…シャレオツだけどさ…シュリンク包装をカッターで開けている時点でイライラしてくる(笑)。

●後日談
この一ヶ月で聴いた音源、ぁぃぇが頭いっこ飛び出て多いよ~名盤だよ~ちくしょ~。
deadman以降、彼の音を聴いていない人にも是非聴いて欲しい。
死人活休でバンギャルアガっちゃった人も多いだろうし…。
彼の歌は全然上手くないんだけど、もう既にシーンから消えてしまった唄い手たちの想いを全て背負っているような気がします。
だからこんなに切なく感じるんでしょうかね。

◆aie official web site
http://aie-official.syncl.jp/

◆zoisite shop / ゾイサイトショップ
http://zoisite.shop-pro.jp/


太鼓判 太鼓判

the_god_and_death_stars

Comment

Add your comment