ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

燃え尽き症候群… 

去年の11月、今年の1月と、ビッグウェーブのように押し寄せていたロヴェが遂に爆発し、現在、燃え尽き症候群に陥りそうです(予想はしていた…)。

…愛が重い…。
いっそツンデレのツンのままでいたかった…辛い…。
V系シーン全体がフワッと好きな状態に戻りたい…。
ただの隠居ギャになりたい…†(毎回言っているが)

そもそも2006年でばんぎゃるをアガるつもりだったのに、あれから6年も走り続けてしまった…。
emmureeとAngeloがいなければ隠居ギャとしての楽しみすら見出せなかっただろうな…。
ありがとう…。
ベスト発売おめでとう…新体制おめでとう…(涙)。
ロヴェが強過ぎて…ヨボは…疲れました…。

「新生あんげろのドキュメントDVDは5/23リリースだよヒャホーイ」と思っていたら、その日はdeadmanの七周忌だったりね。
ホントに月日が経つのは早いなあ。

自分の中でdeadmanはendrollで完全に時を止めたと思っていたけど、忘れて欲しいと言われても、強くなろうねと言われても、私は未だ過去に縋っているよ。

以前、眞呼さんのソロCD『buried wiht the light』を聴いたとき、「deadmanの眞呼様」はもうこのシーンへ戻るつもりはないんだろうなあって思った。
私はそれで構わないって感じたんだよね。
無理に表舞台へ出て来なくていいからって。

でも、もしまた見られる機会があれば、見たい。
セッションやコピーはあくまでもサプライズなわけで、私はどちらかと言うと現在進行形のバンドの音楽をライヴで聴きたいタイプ。
しかし、解散したバンドの曲が誰にも演奏されず忘れ去られてしまうことはとても寂しいことだから、機会があればドンドン演ってもいいと思う。
いつしか、復活バンドも、過去の曲を演奏するバンドも、コピバンも全て、否定しようとは思わなくなった。
もう二度と聴けないと思っていた曲を生で聴けたときの気持ちは知っているし。





それでは、そろそろ全世界待望のアンミュレ全国ツアーを一緒にまわってくれるバンドたちを紹介しますね。

Comment

Add your comment