ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

Angelo Tour 2012『The outer wall of brilliant colors』@仙台darwin(一日目) 

Angeloが仙台へ来てくれるときに限って予定が被っていたり(2010年:あんむれ仙台とのハシゴ)アクシデントがあったり(2011年:震災直後のため中止)体調不良だったりするのは一体何故だろう…ラーとしての力を試されているのだろうか…†
今回は仕事→取引先主催の座禅会@某寺→ライヴ→翌日友人結婚式のため横浜という怒涛の行程をこなしてみました…。


2012.06.08


わりと整番良いけど明日は横浜だから大人しくしていようと思っていたものの会場へ入ったら一気にテンションが上がって5列目ドセンまで行ってしまったキャホーイ!!!!!

かるばり始まりで大罪・果実まで実感なかったんだけど、ラブストーリー・フェザー辺りからブワッと鳥肌たった。
中盤から特にヤバかった。
新生あんげろになってから初めて前方で見たけど凄いパワー、エネルギー!
滅多に汗をかかない私がぐしゃぐしゃになるほど!(ダーウィン、相変わらず空調効かな過ぎ)

メンバーチェンジして一年も経っていないバンドとは思えない。
メンバー同士はもちろん、ファンとの呼吸もピッタリで。
「何でお前らそんなに幸せそうなんだ!!!!!」って圧倒された。

今回、特に印象的だったのが中盤のDECESE〜Gospelの流れ。
お兄ちゃんの表情がホント真に迫っていて、醸し出す空気が凄かったな。
途中何度も涙目になりながら歌い終えたDECESE。
アメイジング・グレイスが流れる中、一旦マイクスタンドに正面からうなだれるようにもたれ掛かる。
そのポーズはどこか祈りにも似ていて。
Gospelで拳を突き上げる直前に、ゴツゴツって音が響くほどマイクを自分の左胸に押しあてる姿がとても力強かった。
何かを自分に言い聞かせるような、「もっと声を」ってファンたちに求めるような、そんな仕草。
あの表情を間近で見たとき…この人のファンで心底良かったなって思った。
お兄ちゃんってあまり大袈裟に震災の話とかするタイプじゃないけどさ、今回のDECESE〜Gospelに全てが込められていると感じました。
仙台の初日にこの2曲を演ってくれたのが嬉しかった。

お兄ちゃんだけでなく、前方のラーさんたちもウルッときてて。
Gospelのイントロでもう一度全員の手が一斉に挙がったとき、ああ、私この光景を愛しているなって…この情景がずっと続けばいいなって思った…。

愛している…これがロヴェということ…†

だから余計にその後のPLOSIVEが爆発的で。
五角形のライヴバンドの底力を魅せ付けられた。
まだまだ成長過程のバンドのはずなのに、オーディエンスとの一体感がハンパなくて身震いした。
ゾクゾクした。

演奏がブレイクして、お兄ちゃんが「もっとー!」って声を求めるじゃない?
ファンたちは全力で「キリトー!」と歓声を上げる。
すると、彼は必ず満足気に頷き返してくれる。
ホントに幸せな光景だと思う。

「キリト」という存在は、さまざまな想いによって作られた偶像に近いんじゃないかなって私は思っている。
オーディエンスの求める声によって、ようやく「キリト」という存在が完成する。
だから、あの歓声がずっと枯れなければいい。

私が今まで見てきた中で、あんなに迷いのないライヴは初めてだったかもしれない。
理想の五角形だった。
今のAngeloは俄然格好良い。
だから何の心配もない。
多分、この先も色々なことがあるだろうけど、お兄ちゃんを呼ぶ歓声だけはいつまでも消えなければいいなって、心から思った。

しかし今のAngelo、一本の満足度がハンパないっすね。
新曲・RIPも激しい曲で格好良かった。
敢えて言うなら、ライヴのラストを飾れるレベルの五人曲がそろそろ欲しい。
蜘蛛並に破壊力のあるやつ。
スクラップも好きだけど、もっとリミッターが振り切れるやつ。
それこそキ×ガイになれる曲。
そんな曲が完成したら、最強なんじゃないかな。

私は今のAngeloが心から好きだよ。
Angeloのライヴは栄養剤だよ…†


◆DECESEを歌ってるときのお兄ちゃんマジ菩薩だったよね…後光が射して見えたのさ…。お兄ちゃんは菩薩だったと…悟った…。事前に座禅組んだ甲斐あったわ…。

◆ラブストーリーでお兄ちゃんが左胸でハート作って両手頬っぺたにあててアハーって表情するの何なの?(ローラみたいな)新手のぶりっ子菩薩なの?いい加減にしろよあの四十路カリスマもえるだろ。

◆現在のあんげろはハコでのライヴがめっちゃ栄えるな~と思った。かりゅーは体全体を激しく動かして演奏するけど、ギルは表情で演奏してる。でも時折ジャーンってギターを上に掲げるポーズにドキドキした!かわかっこよす!しかも前回より魅せるプレイになってたよーな気がする。くるくる表情が変わってギルかわ…かわ…。

◆ギルはコータとも背中合わせで演奏したり自分から擦り寄って行ったり、下手の絡みが中高生男子みたいでほっこりした…(笑)。コータ、遂に弟ができて良かったね!!!!!

◆アンコMC中のかりゅー、下からの空調(風)でサイドの髪がふわふわ…ふわふわ…と変な浮き方してた(笑)。いけめんだから余計に笑えた(笑)。かりゅー「仙台、牛タンより好きです!」

◆タケオ「びしょびしょになれましたか!これからも気持ち良くなっちゃおうぜ!」

◆ホントに全員が楽しそうでステージ上がアグレッシブ。それぞれ目で追おうとすると忙しない。前方は比較的ファンも若いかな?ステージを見守るような雰囲気はそのままで、ラーさんたちも以前よりアグレッシブになったような…相乗効果で若返ってる?

◆お兄ちゃん、あんなに動き回る人だっけ?以前より確実に運動量多いよ!てゆうかお兄ちゃん綺麗だよ…千年前より何倍も綺麗だよ…。最初は顔が白過ぎてびっくりしたけど(笑)、だんだん落ち着いていってファンデが馴染んでた…。私はこのぐらいアイメイクが濃いほうが好きだな〜。ブルーのカラコンも素敵だよ…。今ぐらいの体型が理想だよ…格好良いよ…。MCの内容はグダグダであまり覚えてないけど自然体で良いよ…。私、説教が長い頃とDQNこじらせてた頃のお兄ちゃんが大嫌いだったけど今のお兄ちゃんが大好きだよ…。てゆうかこの歳になって純粋にお兄ちゃんにときめいてるよね…。この乙女心を保つため逆に沢山見ないことにしてるんだ…。見過ぎると粗が見えちゃうからね…でもそろそろDVD解禁しようかな…きゅわんきゅわん…。


終演後、PIERROT時代からの友人と挨拶してダッシュで帰宅。
仙台二日目&インストもお疲れ様でした!


r600x600.jpg
▲ダーウィンに貼ってあったサイン入りポスター。
・Calvary
・SEVEN DEADLY SINS
・Forbidden Fruit
・LOVE STORY
・FEATHER
・My Strife
・White fury
・結晶
・DECESE
・Gospel
・PLOSIVE
・RIP
・PANDEMIC
・DANCE
・Manic State High Pressure
・REBORN
・CHAOTIC BELL
・MICRO WAVE SLIDER

en
・Prelude
・Blind Light

〜メンバー紹介〜

・HOLOCAUST
・SCRAP

Comment

Add your comment