ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

【2012】the god and death stars『tonight is the night』【名盤】 

2012_06_19_20_36_29.jpg


the god and death stars 2nd mini album
『tonight is the night』

【収録曲】
1.蜂
2.プール
3.ザゾンビ
4.ハートランド
5.canine
6.tonight is the night


aie(the studsdeadman、highfachionparalyze、etc.)によるユニット・the god and death stars。
メンバー構成は、Vo.&Gu.aie、Ba.kazu(ex.蜉蝣)、Dr.大嵩潤(rowthe)。
待望の2ndアルバム。
先日リリースされたライヴ盤と併せて聴くことをオススメします。

繊細かつダウナーで、全体的に死の香りを纏っていた『addle apple』より生々しい音源だと思った。
以前「彼らの楽曲は、常に死を感じる」と書いたが、今回の『tonight is the night』は、地に足をつけてもう一度歩き始めた感じ。
“aieソロ”という印象が強かった前作に比べ、リズム隊の音が迫力を増し、よりバンドっぽくなった。
骨太のグランジロック。
一発目の入りから曲間の繋ぎまで滅茶苦茶格好良くて、ついニヤニヤしてしまう位。
aieのVo.も大分安定してきて、ヴォーカリストとして様になっている。
喉の渇きを感じさせるサラリとした良い声。

ザクッと例えるなら、aieの音楽性は「カート・コバーン(Nirvana)+中島みゆき」。
渇いた海外のオルタナティヴと、湿った日本の歌謡曲。

数年前のインタビューで「自分が好きだった音楽(井上陽水・チャゲ&飛鳥・黒夢など)があった時代があって、それが今凄く少なくなってきている気がする。そういうのが格好良かったことを(非常に狭いマーケットの中)伝えていきたい」と話していた。
the god and death starsは、まさにそれを体現したバンドだと思う。

ノイズ混じりの轟音とともに迫り来る「蜂」、独特の歌い回しと滑らかな曲展開が癖になる「プール」(※放射能のことを書いている)、超大作映画「SHINJUKU-LOFT OF THE DEAD」(BAR宣伝映像、笑)の主題歌にもなった「ザゾンビ」は日本のニューミュージックを彷彿させる哀歌。
そして、哀愁を帯びつつも勢い良く疾走する「ハートランド」(※「奴隷買い」の意味)、明るいアルペジオがどこか光を感じさせる「canine」(※調べたら「イヌ科の動物」の意味だった)、そして沁々とした郷愁を誘う壮大なミディアムバラード「tonight is the night」。
「tonight is the night」はアウトロなどが短く、ライヴ盤よりサラッと聴かせる仕上がり。

始めから終わりまでの構成が非常にドラマティック。
ミニアルバムとしてのバランスが完璧。
理想。

また、歌詞を読みながら改めてaieの才能に感心している。

「新しい傷跡はかわいい」(蜂)
「踏んだのは 恋人の 肋骨 踞る」(ザゾンビ)
「その子は顔を無くしたベラドンナ」(ハートランド)


一度聴いたら耳から離れない単語のセレクト、歌メロの作り方が天才的。
まだ彼の書く歌詞に触れたことのない方は、是非CDを購入して読んでみることを推奨します(笑)。
普段歌詞カードを開かない私が凝視しながらずっとヘビロテしている。

正直、名盤過ぎてその才能に嫉妬し気が狂いそうである。
私がもしバンドをやっていたらこういう音楽を演りたいもの(emmureeやAngeloはいちファンとして凄く好きだけど自分で演りたいとは思わんのだな)。
例えるなら、aieの音楽性は「普段はバカやっている男子の別な一面」を覗いてしまった感覚に襲われる。

ヴィジュアル系における、かつての“名古屋系”の陰を追い求める層には向かないかもしれないが、きっとこの音を必要としている人はいるはず。
この音源を、一人でも多くの方に手に取って頂けますように。

◆aie official web site
http://aie-official.syncl.jp/

◆zoisite shop / ゾイサイトショップ
http://zoisite.shop-pro.jp/

2012_06_19_20_37_28.jpg
▲残念ながらこの名盤がAmazonでは買えません!(ゾイサイト通販・ライヴ会場限定)
 ちなみに、歌詞カードの写真は何種類かバージョンが違うらしい。相変わらず無駄に凝り過ぎている(笑)。

B008BTYTEAFOOL'S MATE (フールズメイト) 2012年 08月号 [雑誌]
フールズメイト 2012-06-29

by G-Tools

▲アルバムに関してのインタビューが掲載されています。必読。

太鼓判 太鼓判 太鼓判

the_god_and_death_stars

Comment

Add your comment