ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

ピンブラ的2012年度上半期のお気に入り新譜 

遅れ馳せながら毎年恒例の上半期音源まとめ。

今年はいつにも増して偏っている気がする(笑)。
「原点回帰」というか、自分の好きなバンドたちが一気に名盤を出してきたので選ばないわけがない。
上半期はずっとAngelo、DEATHGAZE、the god and death starsばっかり聴いていました(emmureeは実はベストよりも高崎単独で無料配布されたアンプラグド公演のDVDがお気に入りだった。そのうちアンプラグドアルバムも出さないかな〜)

今回選んだCDは殆ど実際にライヴを見たバンドの音源。
心震えるライヴを体感したら、どうしてもそのバンドの音源をヘビロテしてしまうし。
やっぱりライヴと音源は直結すると思います。

それではドゾー(※各音源感想に飛ぶようリンクしています)↓


【フルアルバム賞】
DEATHGAZE『CREATURE』


一曲目を聴いた瞬間から「上半期の名盤フルアルバムはコレにしよう」と決めておりました。
それだけ完成度が高い!
これまで以上に迫り来る分厚い音圧、より磨きの掛かった歌メロに怒涛のヘヴィーサウンド。
日頃の鬱憤なんかどうでも良くなるような、激しさと温かさを併せ持ったデスゲの音が大好き。
とにかく問答無用でドラムが凄いよ!!!!!


【ミニアルバム賞】
the god and death stars『Live at LOFT』『tonight is the night』


改めて「aieのギターの音とセンスが好きだなあ」と再々確認させられた2枚。
リリース以来、散々「名盤」と騒いできたけど(笑)、騙されたと思ってまずは聴いてみてください!
コテコテのヴィジュアル系がお好きな方よりは、ロキノン系や鬱ロックに括られる音楽を求める方に。
先日発売したばかりのフールズメイトにインタビューが載っているので、そちらも是非併せてご覧ください(歌詞のテーマなどを知ることができるよ)。

B008BTYTEAFOOL'S MATE (フールズメイト) 2012年 08月号 [雑誌]
フールズメイト 2012-06-29

by G-Tools


【ベストアルバム賞】
emmuree『e´【acute】』
e【ACUTE】

アンミュレ結成13周年にして初のベストアルバム。
10周年を超えた辺りからずっとベストを出して欲しいと思っていたので、実現して歓喜しました!
アンミュレの音源を初めて聴く人にとっては入門編、コアなファンは過去からの絶妙な変化を楽しめる優れたベスト。
無料配布や廃盤になっていた曲はもちろん、ライヴでの定番曲が再録されていたり、お値段以上に「幽閉された世界」を堪能できる作品に仕上がっています。


【シングル賞】
Angelo『Calvary』『RIP/MOMENT』
Calvary RIP/MOMENT

昨年10月4日に新生した「Angelo」が完全に「五人のAngelo」になったシングルだと思います。
彼らの現在を提示する、力強い作品。
ずっと私が求めていたバンドの音。
キリト関連でここまで次回作が楽しみで禿げ上がりそうになったのは初めてです、マジで。
ステマの甲斐あって(笑)、徐々に広がっているようで嬉しい限り!


【企画賞】
amber gris『decadence』『露のロータス』『The collapsing garden.-顛末には最上の花を-』
The collapsing garden.-顛末には最上の花を-

三連続でリリースされた「アートブックCD」には企画賞を。
個人的には手鞠作曲の第三弾がツボで!!!!!
三部作揃えて聴くとより味わい深い作品。
彼の歌声はホントに癒されるよ…(詳しい感想は後日)。
つーか次回はもっと敷居の低い販売形態(せめてミニアルバム)にしてください…†(通販限定とかアートブックCDは新規が手に取り辛いよ…)
今年は全然タイミングが合わなくて見ていないけど、そろそろ仙台にも来て欲しいよね…(サマカニで久々に見られるのが楽しみ)。


【特別賞】
Sel'm『illegal other side』
illegal other side

6月のライヴが凄く良かったので。
新体制でこれだけ勢いのあるアルバムを低価格で出してきたのが好印象(こちらも後日音源感想書きますね)。
全体的にメタルコアだけど歌メロがヒーロー戦隊モノっぽくて好き(キャッチーという意味、笑)。
湿度の高い名古屋ラウド系よりアッパー。
新Vo.も予想以上に良い声です。


【新人賞】
DIAURA『GENESIS』


今年は色々ネオバンドも聴いてみたけど、音源のクオリティーが一番高かったのが彼ら。
やっぱり新人でこの聴きやすさは異常。
自分が慣れ切っているV系音楽のエッセンスが詰め込まれている。
フルアルバムとしては無難にまとめてきた気がするものの、今後が楽しみになる作品でした。


以上、よく聴いた音源はこの辺です。

会場限定CDだとDISH(方舟)・キカイも良かった。
あとは買うだけ買って聞き込んでいないCDも多い(笑)。

下半期で期待しているのは下記の通り。

・7/18 cocklobin『Iris』
・7/25 yazzmad『Door』
・今夏 SUICIDE ALI
・今秋 emmuree『EMMURE´E』(3rdフルアルバム)
・今秋 emmuree『LIVE ALBUM【acute sense】』
・今秋 BUCK-TICK
・今秋 Creature Creature
・今秋 umbrella『モノクローム』

まだ発表されていないけど多分Angeloも今秋辺りにフルアルバム出すだろうし、DISHやmunimuniもそろそろリリースあるかな?
こうやってまとめると結構盛り沢山だな〜楽しみがいっぱいで何より。

それでは、2012年下半期もどうぞ宜しくお願い致します!


太鼓判 太鼓判 太鼓判

Comment

Add your comment