ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lament.『TOTENTANZ』 

2012_06_19_20_38_58.jpg


Lament. 1st mini album
『TOTENTANZ』

1.Canvas -Scene 0-
2.Whirling Black
3.Daylight
4.Late Show in Bathroom
5.UNMASK
6.Door


東京を中心に活動しているLament.(ラメント)による1stミニアルバム。
サポートDr.はL'epricaのBe...Sさん。

全体的なイメージは以前ご紹介したときの印象から然程変わらず。

一言で表すなら、「名古屋で活動していない黒服バンドによる懐古的名古屋系サウンド」。

何かもうとにかく歌メロがクサいよ!(褒め言葉だよ!)

90's名古屋系(黒服系)〜00's名古屋系(GULLET辺りまで)〜名古屋ラウド系(初期lynch.)の流れを汲んだ音楽性を上手く融合させている。
デスヴォイスはあくまでもアクセントとして使用しており、基本的にはメロディーを聴かせるタイプの音楽。
Vo.悠歌さんの声質(特に低音)は、初期ROUAGEの一至やSugarのLOKIを彷彿させます。
ヴィジュアル系ならではのナルシスティックな歌い回しから、ホントにホントに名古屋系が好きなんだなって音源から伝わってきます。

冒頭からチクタクと時計の針が時を刻む音&絶望的なピアノの音が混ざり合ったSE「Canvas -Scene 0-」で世界観を提示し、疾走感溢れる「Whirling Black」、ダークながらも色気を感じさせる「Daylight」、ジャジーな雰囲気を醸し出す「Late Show in Bathroom」、激しくもサビでメロディアスに歌い上げる「UNMASK」、悲壮感漂う壮大なバラード「Door」。

音源としてのまとまりも非常に良く、ベッタベタの王道感が素晴らしい!

わりとスルメアルバムですが、好きな人は絶対好きだと思います。
ダークなバンドがお好きな方は是非チェックしてみてください。

会場限定盤は数量限定で未収録音源が付きます。

◆Lament. official web site
http://lament.syncl.jp/

◆Lament. official myspace
http://www.myspace.com/lamentofficial

太鼓判

Lament.

Comment

Name - 如月  

Title - ド琴線

ヤバイです。めっちゃド琴線ストライクです(笑)。

記事でのご紹介でそそられ、飛んでみて「正に仰る通り」だと痛感しました(笑)。

本当にKAZUSHIさんを彷彿とさせますね!(他では、強いて無理矢理上げるならACiDのAkitoさんかな)

古き良きあの時代のあの臭さ、王道の楽曲が堪らないですね。

2012.07.16 Mon 21:56
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。