ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

【もはやヴィジュアル系ではない?】オルタナV 

現行マイナーバンドオムニバス 01」を作っていてフト思ったこと。

「音楽性的に“もはやヴィジュアル系ではない”バンドばっかりじゃね?」。

でも私はずっと広いヴィジュアルシーンの片隅でこの手の楽曲を演っているバンドたちが好きだったし。
メタルでもラウドでもなくキラキラポップでもない、ちょっと陰鬱なバンド…。

(※「ヴィジュアル系は見た目のジャンル」って再三言われているが、見た目だけではない音楽的な様式美は既に確立されていると思う。一言で言い表すのは難しいけど。バンギャルがイントロや歌い出し、サビ、ギターソロでキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!って思う部分だよ!)

そもそも『Alternative(オルタナティヴ)とは、「もう1つの選択、代わりとなる、異質な、型にはまらない」という意味の英語の形容詞(Wikipedia)』なので、これから自分の好きなV系流派は「オルタナV」と呼ぶことにします。

しかし、オルタナ・グランジ・ポストロックって括りがフワッとし過ぎていて、ぶっちゃけ自分でもよく分かっていない。

思い立ってWikipediaを見てみたら日本のオルタナバンド幅広過ぎわろた→http://p.tl/nGf5

バンギャルさんが好きそうなバンドがいっぱいいるよお。
もはやオルタナって何でもアリだな…。

この項目で挙げられていた主なヴィジュアル系↓

陰陽座(ヴィジュアル系なのか若干悩むところ)/蜉蝣/Kannivalism/Sadie/DIR EN GREY
deadman/DuelJewel/BUCK-TICK/Plastic Tree/ムック/Λucifer(懐かしい…)

どういう基準でセレクト・追加されたのかが気になる…。

私は多分、海外製ではなく日本産のV系畑出身の人間がそれっぽいことやっているバンドが凄く好き。

渇いたロック+湿った歌謡メロディー+若干陰鬱な感じ。
好みの歌声でコレを演られると一発で落ちます。

「それならロキノン系や残響系でもいいんじゃね?」って言われそうだけど、“V系畑出身”で見出すのが楽しいんじゃないか!!!!!
あと、やっぱりロキノン&残響とは歌声が違うんだよな〜。
V系か否か、って結局ヴォーカリストが鍵を握っているような気がする。

ところで、「名古屋系風味の黒っぽいバンド」にオルタナ・グランジとかプログレを持ち込んだのってどこか分かる方います?
自分の中の代表バンドはオルタナがdeadman(東京進出以降)でプログレがSugarなんだけど、もっと前にやっていた「名古屋系風味の黒っぽいバンド」(←ここ重要)があれば教えてください。

(※これもフワッとした括りだが、分かる人は感覚的に分かるかと…>>「名古屋系風味の黒っぽいバンド」。要するに名古屋出身じゃないのにダーク・ハード・メロディアスなバンドのことだよ!)
(※あと、音楽的な長ったらしいウンチクは非常に苦手なので私のような知識の浅いバンギャルにも分かるようにサラッと教えてください)
(※正直プログレって私の中ではピンクフロイドでジルドレイでラクリマのイメージしかない)

「名古屋系風味の黒っぽいバンド」以外だと、ROUAGEの『Lab.』(2000年)やPlastic Tree『Puppet Show』(1998年)がオルタナ・グランジだよねってtwitterで話題に上りました。


ROUAGE『Lab.』
LAB

Plastic Tree『Puppet Show』
Puppet Show(パペット ショウ)


ROUAGEは『Lab.』から急激に骨太になった印象。
でもこの時点で見た目がもはやヴィジュアル系じゃないので、何度考えてもヴィジュアル系ってよく分かんないですね。
プラで一番ハマった音源が『Puppet Show』なので、オルタナ・グランジという単語を知らなかった当時からこの手の音楽が好きだったみたいです。

あと、オルタナ風味な名古屋系代表・deadman。
deadman自体そんなに売れなかったけど、影響を受けたバンドは沢山いますよね。

ああ…ヴィジュアル系っぽくないヴィジュアル系を聴きまくりたいという〜矛盾〜†

一連の話とは関係ないけど、自分は演奏より歌重視かも。
演奏がバカテクでも歌声が気に入らないとあまり聴かない。
おうたが下手でも好きなものは好き。



▲シングル曲なのに地味な立ち位置の「degreeds centigrade」。
 私は好きだよ!


▲deadmanやthe studsでギターを弾いていたaieによるバンド。
 彼の音楽性は一貫して変わらない。


▲コチラも元DEADMAN、ゆきのによるバンド。


▲DISHの渋谷さんがオルタナ・グランジのことをよく分かっていなくてメタル畑出身だったのはすっげー意外でした(Squeeze Spirits vol.15より)。


▲絶賛大ハマリ中のyazzmad。
 コッテコテのヴィジュアル系に胃もたれし始めると無性に聴きたくなるんだよね。
 「渇いたロック+湿った歌謡メロディー+若干陰鬱な感じ+好みの声」と、どこを取っても非常にツボである。


▲umbrellaはプラがお好きな方は絶対ピンとくると思います!

Comment

Add your comment