ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emmuree presents『続・季節外れの、サマァカァニバル。』@高田馬場AREA【後編/the god and death stars】 

2012.09.17


the god and death stars

・プール
・ザゾンビ
・ハートランド
・新曲
・新曲
・tonight is the night

今回、私はゴッドさん動員なのです。
アンミュレのWEST単独で発表されて以来、楽しみで仕方なかった。

「えっ、アンミュレ動員じゃないんですか!?」って聞かれたけど(笑)、サマカニの面子の中ではアウェイだろうと思ったので)

客電が付いたまま、拍手とともにステージへ向かうメンバーたち。
先ほどのキャンディとは打って変わり、ヴィジュアル的な装飾は一切排除したシンプルなステージ。
やがて照明は極限まで絞られ、ノイズ混じりの轟音とともに迫り来る骨太なロックサウンド。
どこか寂寥を感じさせるメロディーの合間を縫って紡がれる独特の歌詞世界。
体中に突き刺さる音の洪水。
2ndミニアルバム『tonight is the night』の曲を中心に、新曲を2曲ほど披露。

昨年、aieの音に出戻って以来3回目のライヴ。
たった1年のうちに軽く1000回以上リピートしてしまう位、彼らの奏でる音に魅せられていた事実に驚いた(自分でもマジでビビった。聴き過ぎ。好き過ぎ)。

ライヴを見る度、aieのギターを弾いている姿が好きだったんだなあって思い知らされる。
彼の掻き鳴らすギターの音がとてつもなく好きだったってことを思い出して胸が苦しくなる。

離れていた時間が一気に戻って来るこの感覚。

できることなら、ずっとずっとこの音の波に埋もれていたい。

1stミニアルバム『addle apple』を聴いた時点では淡々として聴こえていた歌声も、ライヴでは大きく表情を変える。
それは例えるなら嵐。
まるで命を削るかのように、絞り出すように歌う姿に酷く惹き付けられる。
時折、瞬きや呼吸を忘れてしまうほど。
偶像だったりカリスマだったりしたヴォーカリストたちの魂や生身の部分を全て引き継ぎ歌い上げているようで、力強くも痛々しい。
最初は様子を伺うようで若干ぎこちなかったけど、徐々に自分たちのペースへ持っていった感じ。
眞呼様の横でデカいコーラスを響かせていた頃に比べ、随分ヴォーカリスト然としているなあと思った反面、やっぱりaieは上手の立ち位置が似合う。

友人たちは口を揃えてゴッドさんのことを“闇”とか“毒”とか例えていらして、確かに私も恐ろしいほどの暗黒を感じるんだけど、眼前で見ちゃうと物凄い生命力も感じるんだよ…。
ヤバイよあれは…。
kazuさんのことを「小雪担当(笑)」って言ったときの間瀬の笑顔に腰砕けちゃうよ…。
deadmanの頃と全く変わっていないよ…。

ぁぃぇ「12/22に池袋手刀でワンマンがあるんですが、小雪担当のkazuさん曰くタイトルは『Over The Edge』らしいので(笑)、チケット代は一万円くらいになると思います(笑)」

と、本人は相変わらず飄々としている(笑)。

そんなMCを挟みつつの「tonight is the night」は、とても物憂げで、穏やかで、優しかった。

多分、独りでゴッドさんを見ていたら泣いていた(お陰で次のモードへ自分を持って行くのに時間が掛かった)。

私にとって、サマカニというお祭りにゴッドさんはチト重過ぎたかもしれない。
それでも、ホントに沢山の人に見て頂けて良かった。
個人的にはこんな重々しい思い入れがあるけど、ライトなファンって絶対必要だと思うんですよ。
単純に「格好良いから通う」で良いと思うんです。
彼らの音が、もっと届くべき人の元へ辿り着くといいなって、願い続けます。
また是非アンミュレたちと対バンして欲しい。
新音源を引っさげて再び地方にも回って来て欲しい。

何だか、ゴッドさんっつーか間瀬を見ていると、忘れかけていた乙女心を思い出す。
昔クラスにいなかった?
確実にグループは違うけど、気になって気になって仕方なかった(塩顔)男子。
普段は全く話さないけど、たまに日直で一緒になるようなドキドキ感を思い出す。

とにかく間瀬にはもっと太れと言いたいね…もやしっこ…生きろ…。

ゴッドさんの音源はゾイサイトショップで絶賛発売中ですのでヨボしくです…†


長くなったのでamber gris編へ続く…†

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。