ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィジュアルシーンにおける敗北感 

深夜にふわっと起こったV系ジャンルのお話が面白かったので適当にまとめました。
何か問題がございましたらお知らせください。

◆V系ジャンルのお話
http://togetter.com/li/378216

ここまで語ることが多いのだから、やっぱりV系は一つのジャンルだと思います。

そうだな…自分がブログ記事などでお話をする上でジャンルに括ることは必要だと思うけど、好きで聴いている分にはヴィジュアル系とかどうでも良くなるなあ。

ところで、私の根底には同じヴィジュアル系でもキラキラした華やかなシーンと相容れることはないという“V系コンプレックス”がある。

だから、「数あるヴィジュアル系の中でも私はここら辺の音楽性が好きなんです!」って主張するために「オルタナV」という言葉を造った。

◆【もはやヴィジュアル系ではない?】オルタナV
http://pinkblood.blog2.fc2.com/blog-entry-4768.html

さて、私にとっての「ヴィジュアルシーンにおける敗北感」とは。
「規模がデカくても不仲で解散する」「仲良くても売れなくて解散する」を同時に味わったこと。
大変、苦い思い出です。

でも、ヴィジュアルシーンにおける敗北感をある程度乗り越えると吹っ切れる(ヨボとロヴェになれる…†)。

アンミュレを応援していくことは、私にとって一つの賭けだったのかもしれない。
このバンドが続くかどうかで、私のバンギャルスタンスは大きく変わっていた。
広いヴィジュアルシーンの片隅で、頑なに芯を貫き通す強さの先にある未来を見てみたいと思った。

私にはもはや、アンミュレを聴かせて「すっげーヴィジュアル系だあ〜」って思わない人の気持ちが分からんのですよ…。

若い頃はメジャーバンド至上主義で、インディーズバンドなんて大したことないだろうって思い込んでいたけど(世間知らずでした…笑)、逆に今はCD屋に流通していない音源ばっかり買っている。

Amazonで買うことのできないバンドの、あなたたちの紡ぎ出す音が愛しくて堪らない。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。