ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2009】the studs『alansmithee』【名盤】 

alansmithee[通常盤]alansmithee[通常盤]
the studs

曲名リスト
1. after this introduction
2. ナタリー
3. スパイダーネスト
4. grieve
5. 月に溶け始めた終幕
6. 置手紙
7. 闇のち雨
8. 帳
9. 断末
10. 贖罪の羊
11. クリーピークローリー
12. 瀟洒傀儡
13. あの音

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2007年、大佑(ex.蜉蝣)、aie(ex.deadman)、yukino(ex.GULLET)、響(ex.kein)の4人で結成されたthe studs。
バンド名は「世の中における『苛立ち』を『4つのstud』に込めて昇華する」というコンセプトの元、名付けられたそう。

1stミニアルバム『the studs』の時点で離れてしまった私は、2年の時を経てリリースされた2ndフルアルバムがこんな凄いことになっていたなんて全く知らなかった。
正直、鳥肌が立った。
圧倒された。

スリリングなイントロから一呼吸おいて滑らかに繋がる「ナタリー」は、「もしこのバンドが続いていたら代表曲になったかもしれない」と思わせるほど印象的なフレーズを歌う。

「幸い僕らには不満がある」

苛立ちや飢餓感、本能、初期衝動を孕んだ少年たちの叫び。
反面、大人の渋さすら感じさせる佇まい。
「光と影」を背負った孤高のロックンロール。

何度も息を呑んだ。

ガナリやシャウトを極力抑えつつも、割れた硝子のような鋭利さと透明感を併せ持った声。
寂寥感漂うギターの音色、柔らかに歌うベースの響き。
一音一音がチクチクとした棘のように突き刺さる。
それでいて、か細い色気を感じる。
強い個性やクセを持ちつつも、それぞれの音がピタリとハマっている。

もしリアルタイムで彼らのライヴを見ていたとしたら、きっとブン殴られたような気持ちになったかもしれない。

これまで彼らがどんなバンドへ在籍していたか…という前情報など一切ないほうが逆に入りやすいと思います。
いわゆる「名古屋系」や初期の蜉蝣みたいな音ではないから、それまで好きだった人には少なからず抵抗があったはず。
私も早く聴き込まなかったことをこれほど後悔したアルバムはない。
ようやく感想を書けるタイミング&心境になったので、今回ご紹介させて頂きました。

アルバムのタイトルにもなっている「alansmithee(アラン・スミシー)」とは、「映画などで監督が途中降板した際などにやむを得ず使用されるクレジット上の名義」のことらしい。

その名の通り、この音源をリリースした後、彼らは活動を止めてしまう。

この音源のライナーノーツを手掛けている増田勇一・高橋美穂の両氏はいずれも、the studsのメンバーが元ヴィジュアル系だったことについて言及しているのだが、私は少し疑問に思ってしまった。
果たして、このライナーノーツで「ヴィジュアル系」のことを話す必要はあったのだろうか。
そこに書かれているように、この作品が「もはやヴィジュアル系ではない」のだとしたら、敢えて何も触れずにポンと世に送り出してしまえば良かったのではないだろうか。
飽くまでも彼らがヴィジュアル系だったことを知っている層に向けて書いている文章に、何となく違和感を覚えてしまった。

(個人的に、「瀟洒傀儡」のような曲は元ヴィジュアル系じゃないと作れないと思います)

帯には「誰が作ったかじゃない。この音が存在することが重要なんだ」と書かれているけど、我々バンギャルにとっては「誰が作ったかという事実」はわりと重要なことなのです。
作品にとって、監督の名前は要らないかもしれない。
それでも、この作品は大佑・aie・yukino・響の4人が存在しなければ決して完成することはなかった。
CDから溢れる音の濁流に呑まれながら、当時の彼らの呼吸を感じることができる。
これはホントに凄いことだと思います。

「いわくつきの作品」であり、1stミニアルバムの時点で離れてしまった方にこそ聴いて頂きたい名盤。


1045567_1783731597_134large.jpg


※ちなみに、通常盤にはボーナストラックを収録。謎のメタリックな曲…イカス…†






◆the studs official web site
http://www.the-studs.com/

太鼓判

the_studs

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。