ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シリーズ】deadman『℃+1(bodybag No.)』【deadmanの音源を振り返る】 

20121021143154-352.jpg 20121021143351-45.jpg


【収録曲】
1.bodybag No.


2004年10月3日の渋谷Club Quattroにて配布されたもの。
この公演へ行けなかった私は、どうしても現物が欲しかったので後に1万円ほどかけて入手しました…(この1曲のためだけに諭吉が一枚…。だからみんな配布物の連発は控えよう…笑)。
当時はかなりレアでしたが、現在はどうだろう?

そんなこのアイテムは、deadmanの中でも飛び抜けてイカれた怪作。

「“猫ちゃ〜ん”ミルク……猫のミルクをくれ」
「ホモ野郎!クソ!クソ!クソ!」
「よく聞け、魂の重さで世界が沈むんだ」


といった、芝居のような謎のセリフが羅列される歌詞。
クレイジーに炸裂するスキャットも尋常ではない雰囲気。
バンドの演奏はあくまでもBGMで、前衛的なアングラ演劇といったほうがしっくりくるかもしれない。

℃(ディグリーズ・センティグレード)』のボーナストラックみたいな存在です。

オリジナルアルバムへ収録したら全ての雰囲気がぶち壊しになること請け合いなので(キラーチューン過ぎるという意味で笑)、この曲だけは再録やリアレンジされることはありませんでした。
もし万が一deadmanのベスト盤を作るとしたら、是非収録して頂きたい1曲。


太鼓判←飛んで行った諭吉のために押した。後悔はしていない(笑)。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。