ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012】Angelo『RETINA』【名盤】 

RETINARETINA
Angelo

曲名リスト
1. PROGRAM
2. Calvary
3. CONVICTION
4. RIP
5. SANDS OF TIME
6. Flashback
7. Ares
8. Script error
9. 事象の地平線
10. Reflect
11. シナプス
12. RETINA

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

RETINA(初回生産限定盤A)(DVD付) RETINA(初回生産限定盤B)(DVD付) RETINA(初回生産限定盤C)(DVD付)


五人編成になって2枚目、Angeloとしては5枚目となるオリジナルフルアルバム。
初回限定盤A・BにはNHKホールでのライヴ映像、数量限定通常盤には「シナプス」のMVが収録されたDVDが付属しています(収録曲はいずれも同じ)。

RETINA、それは“網膜に映る世界”。

聖書をモチーフにした「Calvary」、「安らかに眠れ」という意味を持つ「RIP」(欧米では墓標に刻まれている)など、2012年にリリースされたシングル群。
いずれも、古くから「キリト」というヴォーカリストを知る者にとっては懐かしさすら覚えるテーマだと思う。
それほど、今回の作品は彼の色が濃い。
PIERROT時代から受け継がれてきた「キリト節」が完全復活した渾身のコンセプトアルバムだ。
また、Karyuの作曲センスやツインギターのせめぎ合い、リズム隊の安定感も光っている。

兵隊の行進を彷彿させる太鼓の音から、爽やかに上昇していく「PROGRAM」。

開放的なオープニングから、「Calvary」「CONVICTION」「RIP」と立て続けにキラーチューンが並ぶ。
壮大な同期を織り交ぜた激しいイントロ・Aメロから滑らかに続く広がりのあるBメロ・サビ、力強いメロディーが秀逸。
楽曲自体はディスパ色が強く、歌メロはキリト色が強い。
五人の音全てが重なったとき、鳥肌の立つような感覚に襲われる。
Karyuの作る楽曲はいずれも派手で、強く印象に残る。
イントロのインパクトは、もはや天才的だと思うほど。

反面、メロディアスなミディアム曲はキリトの得意分野。
中盤で幻想的な音を綴る「SANDS OF TIME」「Flashback」「Arès」。
一呼吸置いて、ジワジワと感情を爆発させていく。

これまでのAngeloにはなかったタイプのラウドなヘヴィーロック「Script error」を挟み、胸を打つ珠玉のバラード「事象の地平線」、切なくもアップテンポなナンバー「Reflect」と、物語は収束へ向け一気に駆け抜ける。

今回MVにもなっている「シナプス」は、このアルバムを象徴する曲。
信念を曲げずに突き進むアッパーなロックンロール。

そして、エンディングを飾るのは表題曲「RETINA」。
妖艶なリフに絡むデジタルサウンド。
曲自体の雰囲気は、PIERROTの「Paradox」にとてもよく似ている。
聴き終えた後、思わず冒頭へリピートしたくなる読後感。
例えるなら、一つの映画を見終わったような。

これはまるで、PIERROT『HEAVEN~THE CUSTOMIZED LANDSCAPE~』の続きの世界を匂わせる。
そう、物語はまだ終わっていなかったのだ。

『RETINA』を聴き終え『HEAVEN』を改めて再生したとき、感極まって思わず涙しそうになった。

前作『BABEL』は、生でライヴを見て初めて輪郭を描けたけど、この『RETINA』は最初から物凄くクッキリしている。
手探りで作られた『BABEL』が新人バンドの名刺代わり的な勢いのあるアルバムだったのに対し、『RETINA』はイメージが固まった上で制作されたもの。
神経質に、緻密に、音の細部まで捻りながら、一つのストーリーを構築するのに力を入れた感じ。

ただ、世界観がガチガチなわりにはサラッと流せる。
個人的には『BABEL』より聴きやすいかも。

『パンドラの匣』から『HEAVEN~THE CUSTOMIZED LANDSCAPE~』までのPIERROTがお好きだった方はきっと気に入ると思います。
第三者的な視点で客観的に眺めたくなるアルバム。
併せてシングル『Calvary』『RIP/MOMENT』のカップリングも必聴。

純粋に格好良過ぎて圧倒的で、ヤバい。
荒々しくも綺羅びやかで。
全く個性の違う五人が同じ土俵へ立ち、互いにせめぎ合ったときに起こる化学変化。
衝動、爆発力。

初めての方はもちろん、一度離れてしまった方にも手に取って頂きたい作品に仕上がっています。

◆Angelo official web site
http://angeloweb.jp/index.php

◆Angelo|INTERVIEW|V-SHELF
http://visual.musicshelf.jp/interview/id885/


太鼓判 太鼓判

Angelo

Comment

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.03.20 Wed 14:51
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。