ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

【ゴス?ポジパン?】暗黒系 

以前、「オルタナV」のおはなしを書いたときにこんなお便りを頂きました。

「アンミュレさんが今回の記事に登場しなかったのが意外でもありました。少し聞いてみたところ、音の隙間やギターの感じなどdeadmanにも似た雰囲気があって、名古屋系に関連しているのかと…!」

そうっすね〜、個人的にアンミュレはオルタナ・グランジが産まれるより遥か昔の「ポジパン(ポジティブ・パンク)」に近いな〜と思っています。
ゴス/ゴシック要素のある。
音楽的には初期ヴィジュアル系の源流の一つ。

要するにdeadmanよりは年配の(!)音楽性だと思います。
80年代〜90年代初頭のヴィジュアル系に近いです。

【昔話】
BUCK-TICKとかメリゴ(merry-go-round)の影響でBauhausに興味を持つ→ヤバい!暗い!好み!(ピーター・マーフィーの声はもちろん頬骨がとにかく好みで好みで…笑)→国産ポジパンシーンを知る→いっそこの時代を体験したかった!→でもゴスシーンは敷居が高過ぎる→アンミュレを知る→おれが体感したかったあの音や!→ドハマリ

In the Flat Field
In the Flat Field



一時期Bauhausにめっちゃハマってたので(といっても『In The Flat Field』だけが異常に好きなだけ)、ゴシックな雰囲気かつ国産のヴィジュアル系ならではのキャッチーさ(ここ重要)を兼ね添えたアンミュレはドンピシャでした。
バリバリのゴスシーンより敷居は高くないし。

そんなアンミュレを取り巻くゴシック・ポジパン要素を孕んだバンドのことを、いわゆる「暗黒系」と呼んでいます。

キラキラとしたポップでキャッチーなヴィジュアル系バンドはイマイチのめり込めなかった方は、是非この世界の扉を開いてみてはいかがでしょうか。

【入り口としてオススメの音源】
番外編:(管理人の独断と偏見による)emmuree入門
ブクオフなどからV系名盤救出作戦 その2 ~merry go round~
MUNIMUNI『MAGICAL MOONIES』
munimuni『曲がる世界』
PLASTICZOOMS『STARBOW』
リデル『PALE ACUTE MOON』


▲emmuree最新アルバム『EMMUREE』の試聴メドレー。
 暗黒な曲もあればポップな曲もあって比較的聴きやすいと思います。


▲いわゆる「名古屋系」「暗黒系」の祖・merry go roundのPV。
 コレも比較的キャッチーなB級ホラー風味。
 後期のほうがゴスゴスしています。


▲ムニムニの、明らかに80'sゴシックをリスペクトした闇を切り裂くようなギターがツボ。
 最初、歌声は聴き辛いかもしれませんが次第に慣れるはず(笑)。


▲若手のゴスバンド、PLASTICZOOMS。
 とにかくセンスが良い。
 楠本まきなどがお好きな方は間違いなく気に入ると思います!

Comment

Add your comment