ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2013】the god and death stars『-dawn of the god-』【名盤】 

DAWNofthegod.jpg


the god and death stars 1st full album
『-dawn of the god-』

【収録曲】
1.殆ど腐敗 Hotondo Fuhai - Single - the god and death stars
2.半分人
3.brother mustang
4.ガシガスガソ
5.千年樹
6.love hole
7.ハッピージェー
8.dawn of the god
9.emmny
10.飛ぶ鼠


Vo.&Gu.aie(the studsdeadman、highfachionparalyze、etc.)、Ba.kazu(ex.蜉蝣)、Dr.大嵩潤(rowthe)によるバンド、the god and death stars。
全世界待望の1stフルアルバム。

これまでセッションバンド的なイメージが強かった彼らが、ようやく本腰を入れて作った快心作です。
前作・前々作のミニアルバムは手探りだったり、歌が安定してなかったり、過去を連想させる雰囲気も漂っていたけど、このフルアルバムはその印象を大きく覆す。

3ピースで構築するオルタナ・グランジ、ポストロック。
全体的な空気感は相変わらず暗いが、どこか未来…微かな希望を感じる。
仄暗くも真っ赤な熱情。
ステレオから吐き出される呼吸の一つひとつが、とてつもなく生々しいのだ。

aieが掻き鳴らす乾いたギターの音色を聴くと、どうしても以前のバンドを思い出してしまう。
ただ、今回の作品は、確実にこの三人じゃないと出せない音だ。
あの個性の強かった二人のVo.と肩を並べるほど、欠かすことができないものとなったaieの歌声。
時折、少年のようなか細さを垣間見せつつも、確実に渋みを増している。
リズム隊も積極的に音作りへ関わるようになり、クラップを取り入れるなど表現に幅が出た。

aieの書く歌詞は、一貫してシリアス。
男と女、女と子、銃乱射事件、放射能。
誤ち、後悔、恐怖、そして死。

そんなダウナーなテーマを取り入れていても、サラッと聴けてしまう耳馴染みの良さ。
日本語で綴られるロックが、改めて愛おしく思える。
「毎回よくこんな歌詞を思いつくなあ」と、彼の発想力に感心することしきり。
ゴッドさんを聴いていると、ホント「男子ってズルい」と思いますね。
多分、女では一生理解できない男の一面が自然と埋め込まれている。

1曲目のダンサンブルなロックナンバー「殆ど腐敗」は、Amazon MP3iTunes StoreでDLすることが可能。←※現在は配信終了。
終始疾走していく「brother mustang」は、シングルver.より短めにリテイクされている。
個人的には2曲目「半分人」(名曲)のギター、スリリングかつ壮大に展開するインスト「dawn of the god」が痺れるほど好み。
歌謡曲の要素を孕んだ「ガシガスガソ」、途中からシャッフルに転調する「千年樹」(ジャケットに英語で書かれているタイトルは「monster tree」。deadmanの曲とは全くの別物です)。
ダークな間奏で一瞬deadmanを彷彿させる「love hole」。
唯一、穏やかなぬくもりを感じさせる「ハッピージェー」。
ラストを飾る「emmny」「飛ぶ鼠」は、これまでにはなかった王道チューン(ライヴで聴いた時点ではthe studsっぽいと思った。「飛ぶ鼠」、本人たちはLUNA SEAを意識したようだけど笑)。

哀愁を帯びた、独特の歪んだギターフレーズ。
耳を惹き付けてやまない作曲センス。
いわゆる“aie節”が存分に散りばめられており、既存ファンはもちろん、初めて聴く方や、今まで離れていた方の琴線にも触れる何かがあるんじゃないかな。

いや〜全曲格好良過ぎて逆に悔しいですね(笑)。
反面、「こいつの音を追って行けば絶対外さない!」という確信もあります。

ちなみに、「殆ど腐敗」と「飛ぶ鼠」には、加納摩天楼氏(munimuni)の吐息が収録されています(この切ない哀愁的なメロディーに摩天楼様の吐息が…と思うと笑えてくるのであまり意識しないほうがいい!笑。シリアスなのにオチが付いていてほんとおもしろいです…)。

ああ、間瀬にゴッドさんの音源残すように言ってくれたカズさんが女神に思えます…。
カズさん&OJ、ありがとう…ありがとう…。

会場&通販のみとは言わず、是非とも全世界配信して欲しい。
切望します。

名刺代わりというには、あまりにもマニアック。
この音に、衝撃を受けてください。

◆aie official web site
http://aie-official.syncl.jp/

◆zoisite shop
http://zoisite.shop-pro.jp/?pid=58759773

◆the god and death stars - インタビュー | Rooftop
http://rooftop.cc/interview/130418180000.php

殆ど腐敗
殆ど腐敗
posted with amazlet at 13.05.14
DAVID SKULL NO RECORDS (2013-04-15)
売り上げランキング: 5,723


写真 2013-05-15 23 08 27
▲相変わらず無駄に凝り過ぎなジャケット…†(開封時に戸惑えばいいよ…)

写真 2013-05-15 23 06 28
▲ゴッドぽん2。アルバムに関してのインタビューが掲載されています。必読。

太鼓判 太鼓判

the_god_and_death_stars

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。