ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

【2013】Angelo『FAITH』【名盤】 

FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)FAITH(初回生産限定盤)(DVD付)
Angelo

曲名リスト
1. Ruthless reward - Instrumental -
2. FAITH
3. OUTBREAK
4. Doll
5. 評決
6. HOLYWAR
7. ディスプレイ
8. Voice of the cradle
9. CONTRACT
10. MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION
11. 想像の楽園
12. Beginning

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



五人編成になって3枚目、Angeloとしては6枚目となるオリジナルフルアルバム。
初回盤には「FAITH」のミュージック・クリップが収録されています。

FAITH、それは誰もがそれぞれ抱いている“信仰”。
ある国やヒトにとっては宗教であり、偶像であり、大切な家族や友人であったり、自分に対しての誓いや誠実さであったり。
FAITHの数ほど争いは起き、誰かは微笑み、誰かは涙する。

Angelo史上、いやキリト史上、最も攻撃的で激しいアルバムとなった今作。
クオリティーの高かった前作『RETINA』を軽く凌駕する凄まじさ。
まさに最高傑作。

美しくも儚いピアノの旋律から、流れるように壮大な幕開けを担う表題曲「FAITH」。

前半は、世界の紛争を彷彿させるハードな楽曲が次々と畳み掛ける。

ヘヴィーなギターリフがインパクト大のシングル曲「OUTBREAK」。
ライヴ感満載の轟音ロック「DOLL」。
華やかなKaryu曲は一気に惹き付けられる。

メロディアスかつ疾走感溢れる「評決」。
パワフルなドラムが印象的なデジロック「HOLYWAR」。
仄かなダークさを醸し出すキリト曲も負けてはいない。

7曲目「ディスプレイ」まで、音と音がせめぎ合い、息つく間もなく一気に駆け抜けていく。
それぞれ違った激しさを持ち合わせながらも、転調や細かい遊びが多く、飽きずに聴くことができる。
今回はかなり音数が多いのにも関わらず、繊細なキリトの声が埋れることなく上手く調和していることにも目を見張る。

物語の中盤、微かな安らぎを与えてくれるのは「Voice of the cradle」。
Angeloでは初となるKaryu渾身の極上バラードだ。
「独り泣き叫ぶ誕生の日 誰もが笑っていたから
 涙に包まれ終わる日は 笑顔でいよう」

ヒトの生死を、切なくも温かい眼差しで描いた、PIERROTの「BIRTHDAY」にも通じる歌詞。

KOHTA曲「CONTRACT」は、ベーシストらしく低音が効いている王道ロック(弟は良い仕事し過ぎるのでもっと作曲して印税をタンマリ貰ってください。コータ才能あると思うな…!)。

今作最大のキラーチューン「MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION」は、意外にもキリト曲。
「まだこんな引き出しを持っていたのか…!」「まだこんなヤバい曲が書けるんだ…!」と、驚き興奮した。

反面、キリト節の王道とも言える「想像の楽園」では、ようやく物語に光が射し込む。
ラストを飾るのは、ノスタルジックなバラード「Beginning」。
情感たっぷりに歌い上げられる「君を連れてく」の部分は鳥肌もの。

まるで劇薬のようで、どこかオリエンタルな雰囲気を醸し出す。
人類の歴史が始まって、滅びて、それでもまた夜明けを迎える。
人々の熱き血潮。
古代から続くヒトの営みを紡ぐようなアルバムだ。

PIERROTの『FINALE』『PRIVATE ENEMY』『HEAVEN~THE CUSTOMIZED LANDSCAPE~』が三部作だったとしたら、Angeloの『BABEL』『RETINA』『FAITH』も、全部通して聴いて初めて完結する作品だと思った。
また、キリトの描き出す世界観やテーマはインディーズ時代の『パンドラの匣』から全く根本がブレていない。

15年以上ファンをやってきて初めての感覚、初めての衝撃を受けているのにも関わらず、この懐かしさは一体何だろう。
ライヴの光景も容易に想像がつく。

この高揚感。
圧倒的存在感。

強いメッセージ性。

プラエネの頃は辛うじてまだ10代だったかな。
あの頃の感覚が戻ってくる感じ。
PIERROT解散から数年経ってこの感覚を味わえるとは思っていなかった。

キリトは技術的に上手いヴォーカリストじゃないけど、確実に表現の幅が広がったし(デビュー時の淡々とした歌い方から随分変わったと思う)、楽器隊の演奏も楽曲の完成度の高さも、新バンドの一枚目みたいだった『BABEL』の比じゃない。

いつもは、「こんな名盤がリリースされたら次はもうないんじゃないか」って心配するもんだけど、今度は「また次はこの作品を超えてくるんだろうな」って素直に思えるのが凄い。
名曲バラード集みたいだった『Design』リリース時は、キリトが白く丸くなり過ぎていて、その先が見えなくて、このまま儚く消え去ってしまうのではなかろうかと一抹の不安を抱いたもんだが(しかしアレはアレで好き)、再び荒削りな『BABEL』でドキドキして、コンセプチュアルな『RETINA』で健在振りを再確認して、今回…『FAITH』を聴いて、次がまた楽しみになった。

PIERROTというバンドがギスギスの時期や解散という絶望を乗り越え、新メンバーを迎え、弱さや強さ、感謝や優しさを知ったキリトじゃなきゃ歌えない歌だなって、ラストの「Beginning」を聴いて強く感じた。

PIERROTがあのまま続いてたとしても、『FAITH』のような作品は作れなかっただろうなと…。
一度は心が離れた私。
かつて、PIERROTの初期~中期ばかり好きだと言っていた私が、今のAngeloはPIERROTを超えたと思っています。
取り敢えず昔のPIERROTやキリトを知っている方は是非手に取って頂きたい。

まずは、シャッフルせずに一気に聴き通して欲しい一枚。
冒頭から末尾まで滑らかに聴けるドラマティックなアルバム。



◆【インタビュー】Angelo、最新アルバム『FAITH』をキリトが語る「言ってることは変わらないですね。PIERROTのときから僕はずっと歌ってきた」(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000096648

◆あなたは何を信じる? キリトがニューアルバム『FAITH』に込めた思いとは。物事の根源を問う衝撃作の全貌に迫る!(Vif)
http://vif-music.com/interview/angelo-1/

太鼓判 太鼓判 太鼓判

Comment

Add your comment