ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

【シリーズ】キリト『KIRITO Symphonic Concert 2006』【PIERROTを振り返る】 

超ひっさびさの完オフなので、PIERROTの曲を封印したオケコンから現在までを順番に振り返ろうという壮大(???)なプロジェクト開始。

最近のPIERROT復活で出戻った方にも見て頂きたいと思い、今回紹介させて頂きます。


KIRITO Symphonic Concert 2006 EXISTENCE PROOF RE:PARADOX [DVD]KIRITO Symphonic Concert 2006 EXISTENCE PROOF RE:PARADOX [DVD]
キリト

曲名リスト
1. HEAVEN
2. 新月
3. 壊れていくこの世界で
4. BIRTHDAY
5. THE FIRST CRY IN HADES[GUILTY]
6. Waltz
7. パウダースノウ
8. THE LAST CRY IN HADES[NOT GUILTY]
9. FINALE
10. ICAROSS
11. ラストレター
12. CHILD
13. Hameln
14. DOOR
15. 再生の朝
16. 誰もいない丘
17. PERIOD
18. EXIT
19. DECIDE

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2006年10月1日、東京国際フォーラムで行われたフル・オーケストラとのコラボレーションライヴを収録。
指揮・ピアノは藤原いくろう氏、演奏は東京ニューシティ管弦楽団。
PIERROTのアルバム『FINALE』『PRIVATE ENEMY』『HEAVEN』の曲をメインにした構成で、クラシックとロックが融合された異種格闘技とも言える斬新な内容。
元々ミディアム・バラードを得意としていたキリトの魅力が新たに引き出されている。

私自身1~2回しか再生していない映像でしたが(現実を直視するのが辛くて)、PIERROTの復活がアナウンスされた今改めて見てみると、より胸にくるものがありますね…。

「この日を最後に二度とPIERROTの曲を歌いません」とファンの前で宣言した通り、彼がPERROTの曲を歌った最後のライヴです。

(2006年時点では。2008年のAngelo日武で一度封印は解かれる。こうやって文章にするとアッサリ封印してアッサリ解禁したように捉えられるかもしれないが、ここは是非映像でご覧ください)

「HEAVEN」で幕を開け、オーケストラの壮大な音に合わせ、PIERROT時代の大切なものを一曲一曲、丁寧に葬るような。
まるで鎮魂曲を歌うようなキリトの表情は、本当に鬼気迫っていて痛々しいほど。

「ここまで、僕が約11年間…自分の人生の三分の一くらい…命懸けで、自分の全てを費やしてきたPIERROTという素晴らしいバンドの曲を歌ってきました。そして、この日を最後にもう二度とPIERROTの曲を歌いません。この曲を最後に、次に進みたいと思います。今の自分を作ってくれた、そしてこれからも自分とみなさんの中で生き続ける…PIERROTという素晴らしいバンドを胸に刻んで歌います。色んな気持ちを込めて、感謝を込めて、PIERROTに捧げます」

そして歌われる「CHILD」。

………正直、こういった封印の仕方をするアーティストを私は他に知らないのだが、文字に起こしてみるとお兄ちゃんって真摯で律儀な人だなあ………(急に客観的になってみる)。

「CHILD」を歌い終えた後は、少し肩の荷が下りたような晴れやかな顔を見せる。
これからも彼の音を求め沢山の仲間が集まってくるように、ハーメルンの笛を吹く。

このオケコン直後(2006年10月4日)にAngeloのお披露目ライヴを決行するのは物凄い精神力だと思う。
2006年当時はPIERROTが解散し、心底惚れ込んでいたdeadmanが活休し、抜け殻状態だったので私はその場に立ち会えなかった。
でも、映像として残っていたお陰でこうして振り返ることができる。

『ID ATTACK』で違和感を覚え、少しずつPIERROTから距離を置いていった私。
キリトは昔から「ついて来れないのならついて来なくていい」とバッサリ切り捨てるアーティストだったけど(だからこそ一旦私はアガっていたわけだけど…笑←結局踊らされている)、彼らの音楽を求める人、必要としている人には必ず手を差し伸べてくれたし、これまで立ち止まることなく走り続け、いつだって戻って来れる機会を作ってくれていた。

今回のPIERROT復活だって、Angeloの活動だって、そうなんだと思います。

宜しければ、「BIRTHDAY」と「CREATURE」が演奏されたAngelo日武の映像もどうぞ。
一枚目の本編は睡魔を誘うかもしれませんが(現在のAngeloを聴いていると物足りなさは感じる)、二枚目のMCは涙無しに見られません!

お兄ちゃんの人生、マジでドラマティックだなあ…。


B001TMEER8THE FRENZIED EMPIRE FINAL at NIPPON BUDOKAN-SPECIAL EDITION- [DVD]
Angelo
キングレコード 2011-11-28

by G-Tools

Comment

Add your comment