ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

【2014】dieS『VICTIM』【名盤】 

dieS VICTIMVICTIM
dieS

曲名リスト
1. the night
2. SA・VA・GE-night slave-
3. innocent taboo
4. mirror
5. VICTIM
6. blind dance
7. dry
8. smell
9. パブリックセックス
10. 太陽

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2014年に活動9年目を迎えるdieSによる2ndフルアルバム。

…こりゃあ名盤ですね。
一曲目のイントロを聴いた瞬間、「こりゃあ名盤だ!」と叫ばずにはいられないアルバムってあると思うんですよね。
2007年にリリースされた1stアルバム『ANGEL JESUS dieS in EDEN』(2ndプレス盤は2011年にリリース)もクオリティーの高い作品でしたが、今作では更に一皮剥けた骨太サウンドを聴かせてくれます。

以前、私は彼らの音楽を「古いボルドーの赤ワインを彷彿させる」と書きましたが、今回のアルバムは熟成されたブランデーみたい。
酔い痴れるほど熱い。
渋みを帯びた、中毒性のある大人のロックンロール。
とにかく滅茶苦茶格好良いんです!
ギラギラした、ノイズ混じりのインダストリアル・ミュージック。
ヘヴィーでダークなサウンドを奏でながらも、イマドキのデスヴォイスで攻め立てるのではない。
艶のあるヴォーカルは唯一無二の魅力が。
前アルバムと比べても良い感じに歳を重ねた。
変幻自在、まるでオーロラのように光を放っている。

アンダーグラウンドな雰囲気から徐々に壮大さを増していく「the night」。
「SA・VA・GE-night slave-」から「VICTIM」まで、一定の安定感と緊張感を保ちながら一気に駆け抜ける楽曲たち。
激しくて、退廃的で、馨しいデカダンス。
そして「blind dance」「dry」「太陽」など、“聴かせる”曲の構成が素晴らしい。
丁寧に歌われている様子が思い描け、どこか懐かしさを感じさせるメロディーが泣ける。

見事に我々世代(私は90年代半ばのBUCK-TICKやROUAGE、PIERROTが大好きです)のツボを突いてくる。
最近、どんな作品を聴いても頭から尻まで素直に良いと思える作品になかなか出会えていなかったんですが、久々にドツボに嵌りました。
「昔からこういう音楽が好きだった!」「こういうヴィジュアルロックが好きだったー!」って思い出させてくれるような音。
無性にライヴへ行きたくなる。
冒頭からラストまでの流れが理想過ぎて、暫くドキドキできそうです。

バンドへの思い入れ抜きで自信を持ってオススメできる貴重な一枚。
まだ入手していない方は、是非(Amazonだと入荷が遅いかも?)。

◆dieS official web site
http://www.die-s.com/


太鼓判 太鼓判

dieS

Comment

Add your comment