ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angelo 8th Anniversary『THE MULTI HIERARCHY』ライヴ・ビューイング@MOVIX仙台 

Angelo8周年!


2014.10.04


Angeloの結成記念日である「天使の日」こと10月4日。
東京・六本木ブルーシアター開催された8周年記念ライヴ「THE MULTI HIERARCHY」のライヴ・ビューイングを、MOVIX仙台にて鑑賞して参りました。
詳しいライヴレポは各所に掲載されているので、私は初のライヴ・ビューイング(以下ライビュ)を見た感想を。


【ライブレポート】Angelo、8周年記念ライブで「これからもブレずにやっていきます」 | Angelo | BARKS音楽ニュース

Angelo、10月4日「天使の日」ライブを全国で生中継! ニューアルバム発売決定!



▲会場限定のAngeloドリンク(中身はただのジンジャーエール)を片手に鑑賞。


MOVIX仙台は、ぶっちゃけ超地元のモール内にあるので、いつもの劇場ロビーがラーで黒く染まっているのが面白かったです(笑)。
切人一家の衣装を着ていらっしゃる方もおり胸熱…†

映画館ならではのサービスとして、Angeloメンバーによる「映画館マナーCM」やキリト自身が企画・脚本・監督を務めたショートムービー「THE SCARE LURKS INSIDE」を上映。
その後、ライヴ本編がスタート。

各音楽ニュースサイトには、映画館もライヴ会場さながらに盛り上がっていたって書いてあったけど、正直動員数の少なさにサワッとしました(笑)。
多く見積もって70人位かなあ?
Angeloツアーの仙台は毎回ソールドアウトの激戦区なのに、生のライヴではなくライビュってだけでこんなに減るんだ!って思いましたね(当日は自分の友人も東京遠征していたしな)。

ライヴが始まっても、座ったまま見るのか立ったほうがいいのか戸惑う空気が流れる客席…†
一部は「キリトが立っているんだから私たちも立ちましょう!」(笑)という一声でガタガタ立ち上がる。
私と友人は心身ともにヨボっていたため座って鑑賞(翌日も仕事が控えていたので…)。
ニコ生ライヴを大画面で見ている感覚だった(笑)。
座りながら多少頭を振ったり、拳を上げたり…立つのもツラいし、座ったままも尻が痛い…†
ありがたい試みではあるけど、やっぱり私は理性が飛ぶ生のライヴがいいなあと!

内容としては、キリトが「新しい家庭(Angelo)を持って俺こんなに幸せですウフフ」的なライビュだった…。
全国にお兄ちゃんのノロケを見せ付けられた感じ…?( ゚д゚)
何かもう、全体的に幸せオーラが全開で、MC中は笑顔も多くて、空いた口が塞がらなかったよ…。
お兄ちゃんが可愛い過ぎて唖然とした…。
FAITH以降のお兄ちゃんって、ドンドン女神化していたけど、今回のお兄ちゃんはとても人間臭かったなあ。
今回は、14年来の付き合いの友人(長年ピエラーだったものの解散以降Angeloのライヴは見ていない)と一緒に行ったんですけど、「ホントにキリト丸くなった」って言われました。

キリトの衣装は、ショートムービーに出ていた女の子も着ていたような拘束具だった!
白のシャツに黒の拘束具が、何となくアディショナルの眞呼様(deadman)を思い出したよ。
両手が不自由な状態で、ステージ中央の十字架に横たわりながら登場するキリト。
楽器隊のバックには、コンセプチュアルな映像が映し出されるモニターが幾つか。
これまでの登場シーンと全く違うパターンで度肝を抜かれた。

最初はガッチリ拘束されていたんだけど、ライヴが進行しステージで動く度に拘束具が緩くなっていって、白シャツが汗でどんどんスケスケになっていく様子がとてもエロティック。
最終的には薄っすら乳首まで透けていて官能的でした…†

上映されたショートムービーもライヴの舞台セットも、アルバム『RETINA』の世界観を直で引き継いだものだった。
ショートムービーでは、MVの一部がフラッシュバックしたり。
今回の物語に登場する白塗りの男は、PIERROTの『CELLULOID』で描かれていた“アルルカン”に近い存在なのかな~と。
とにかく世界観がブレていなくてキリト節炸裂。
お兄ちゃんのブレなさが、もはや感慨深いよね…。
こうしてノビノビとストーリーを考える余裕があるんだ!
キリトの思考を理解した上であらゆるものを制作してくれるスタッフがいるんだ!…と。

そんな恵まれた環境のAngeloで歌っているお兄ちゃんがホントに幸せそうで、渾身のバラード聴きながら(ああ…普通に考えてこれから長くても30年位しかAngeloを見られないのか…その中で私は一体あと何回この人の姿を見られるのだろう…)と心の中で泣いていたら、

キリト「これからAngeloが続いていって…君たちは次第に素敵なおばあちゃん・おじいちゃんになると思うんだけど………僕はドンドン若返っていってその頃には小学生くらいになっているはずだから(笑)」

( ゚д゚)(あると思います…!)

お兄ちゃんの「Angeloの活動は少し空くけど、その間ちょっと他所(よそ=PIERROT)に行ってきます」ってセリフ、「新しく築き上げた家庭がマジ大事だけど、ちょっと同窓会で若かりし日の初恋の相手に会って来るね」って言っいてる主婦みたいでキュートだった!
そう、何か今回のお兄ちゃん異常にキュートだった!
拘束具つけてんのに!
何あの四十路!!!!!
既に老齢年金払っている人とは思えない!

キリト「8周年という大切なライヴをこんな変な感じにして…みんなこう思ってると思うんだけど…キリトむかつく!もう付いていけない!でも可愛い!みたいな…(笑)」

自分で言ってんのむかつくwww
でも可愛いあざといwww

…もう愛しか感じない…†

いやもうホントね、お兄ちゃんのデレっぷりは劇場だけとは言わず全民放で流したほうがいいレベルだった。
この可愛い人が俺たちの天使なんだぜって…!!!!!

PIERROTの曲を一度封印したキリトソロからは想像も付かない、幸せそうな表情だったよ…。

全くライヴの感想になっていませんが、細かいMC等は他の方にお任せするとして…。

今回の試みは、PIERROTのゲノコンやパラドクスの上映を彷彿させるものだった。
この世界観を1、2年続けているだけじゃただの中二病かもしれません。
しかし、他者を巻き込み、キチンとライヴや作品として様々な形にし、ファンを楽しませ、経済的にお金を回し、そんなこんなで15年以上続けているキリトがもはや尊い!!!!!

これからも、ファンを良い意味で振り回してくれるバンドであって欲しいと思います。
Angelo8周年、おめでとうございます。


1.SCARE
2.FAITH
3.OUTBREAK
4.DOLL
5.ディスプレイ
6.PANDEMIC
7.CONVICTION
8.Voice of the cradle
9.Clave to you
10.想像の楽園
11.MICRO WAVE SLIDER
12.My strife
13.RIP
14.CONTRACT
15.MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION
16.Script error
17.PLOSIVE
18.シナプス

en1.Beginning
en2.SEE YOU AGAIN
en3.CHAOTIC BELL
en4.Angry Sheep
en5.Manic State High Pressure
en6.PROGRAM

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。