ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

amber gris LAST ONEMAN TOUR『箱庭の上で ―pray before the down―』@仙台HOOK 

祭り囃子にのせて。


写真 2015-05-16 17 37 30


2015.05.16
amber gris LAST ONEMAN TOUR
『箱庭の上で ―pray before the down―』



仙台、初夏の風物詩「仙台青葉まつり」と同日、止むことの無い『すずめ踊り』の行列を横目にライヴハウスへ向かう。
こんなに賑やかな光景は久し振りだ。
自分のバンギャル人生の中で何度足を運んだか分からないハコ、仙台HOOK。
MACANAよりもJUNK BOXよりも沢山のライヴを見てきた、個人的には一番思い入れの深い場所。
いつもは然程埋まることの無い会場でゆったりと見ることが多いのに、この日は客席がパンパンの満員御礼!
ほぼソールドアウトと聞いて、とても嬉しくなった。

amber grisのライヴを見るのは一体何年振りだろう?
確か、最後に見たのはサマカニ(emmureeの主催イベント)。
仙台で見たのはもっと前。
あの頃はファンの数もそこそこだったのに、ここまで彼らの音を求める人達が増えるとは。
「ずっと見に行けなくてごめん」「私が見られるのはこれで最後」と思いながら開演を待っていたら、既に目頭が熱くなっていた。
幕が上がりメンバーが登場した瞬間から込み上げてくるものがあって、3曲目辺りから本編後半の激しい曲が来るまで殆ど泣いていた。
最初はグッと堪えていたんだけど、浴室とローレライでブワッと涙腺崩壊(『pomander』と『チャイルド・フォレスト』はホントに大好きなアルバムなので。それこそ『pomander』は墓場へ持って行きたいくらい)。
PIERROTの復活も、deadmanのエンドロールもSugarのラストも全然泣かなかったのに、今回は自然と涙が出て止まらなかったよ!
歌も演奏も息を呑むほど素晴らしくて。
バンドが終わって欲しくないと切に願った。

こんな気持ちになった地方公演は初めてかもしれない。
歳を食ったせいかな?
昔は解散や活休を告知されても「いつかきっとまた会える」という想いを抱きながらカラッと最後のライヴを見守ることができたのにな。

途中までずっと「やめないで」「この音を紡ぐのをやめないで」と祈っていた。
まるで、森の奥深くに封じ込めてしまうみたいで。

物語を紡ぐ5人の吟遊詩人たち。
みんな、何て丁寧に音を奏でるんだと思った。
とても愛おしそうに、アンバーグリスの楽曲を奏でる様子が心底幸せそうで。
清廉潔白。
純朴な人々の物語。
静けさの中に孕んだ熱情、黒い狂気、青空を彷彿させる開放感、眩いほどの光。
クルクルと表情を変える全力のパフォーマンスに、彼らのバンド人生の欠片を見せ付けられたような気がした。
とても真摯で、時折チャーミング。
そんなメンバーの姿が目に焼き付いて離れない。

MCの中で手鞠が、「ツアー中…ふと、忘却について思うことがある」と話していて。
「バンド側は、つい『自分たちのことを忘れないで』と言いがちだけど、アンバーグリスと過ごした日々以上の幸せがいつか貴方達に訪れたら、忘却の彼方に消えても構わない」と優しそうに言っていた。

「幸福でも、例え不幸であったとしても、貴方達がシワシワのおじいちゃんおばあちゃんになって骨になって灰になっても寄り添える音楽であれたら嬉しい」
「僕たちは音だけの存在になるかもしれないけれど、貴方達の傍に居続けるよ」


忘れられても構わない、でもずっと寄り添えたら嬉しいなんて、狡い吟遊詩人だなあと思った。

昔、Ruvieの解散告知をした時と全く表情が違って、今回は終始穏やかで。
ホントに素敵な仲間に巡り会えたんだなあと…。

メンバーみんなヴィジュアルシーンを愛していて、それこそPIERROTやdeadmanも好きだった人たちだから、ちゃんとファン心理を理解して話してくれるというか。
解散コメントも、今回のMCも改めて優しいなと感じた。

しっかり地方ツアー&インストをやって、イベントライヴもラストライヴもしっかりやって、楽曲も演奏も素晴らしくて、メンバーも和気藹々と仲良くて優しくて、ファンの声援も凄く熱くて、ライヴの雰囲気も温かくて。
こんな最高の状態なのに解散なんだ。

こんな解散もあるんだ。

「amber gris としてやれる事に終わりが来た」
「僕らが信じ、在るべき姿を以て終わりを迎える事にしました」

という言葉がとてもしっくりくる、美しい流れのワンマンでした。

聴きたいと思っていた曲は全然演らなかったのに最高のライヴだったな…(笑)。
ここ数年の中でも五本の指に入るやつ…(そもそもライヴ自体あまり行けていない)。

どんな曲を演ってもずっと惹き付けられっ放しだった。
最初に見た頃と比べて、あんなにも一体感のあるバンドになったんだなあ。
凄いなあって圧倒された。

手鞠は歌い続けるのかな。
やめないで欲しいなあ。
でもアンバー以外で歌う姿が想像できないなあ。

アンバーグリスって、元々のメンバーが『私が最後にハマった若手バンド』だったはずなのに(Ruvie&Sugar)、もう結構いい歳というか成熟したなあ…と感慨深くなっていた。

なのに、ライヴをやっている姿は少年そのもので、キラキラしていて(こっさんは少女か…)。

音楽に愛されたこどもたち。

少年は少年のまま在り続ける。

そして森の奥深くに消えていく。
大切な人達に、確かな記憶を残しながら。





◆手鞠がバンド人生で初めて遠征したのが仙台なんだそう。やっとの思いで機材を買って盤車を転がしてライヴして打ち上がって、ビジネスホテルに泊まることもせずに車中泊しながら星空を眺めて明日も頑張ろうと思ったハタチ前の頃。甘酸っぱい青春の思い出から演奏される「流星群の夜に」。

◆しかし、初めて間近でかなめさんをマジマジと見たんだけど何かスゲー王子様みたいだった!!!!!

王子様だった!
キラキラしていた!


どことなくdeadmanのエンドロールの頃の間瀬さんを思い出した…。
もっと早く早く気付きたかった~…。

◆こっさんも超久々に見たけど大人の色気が…。純白のドレスを着た人魚姫みたいだったよ…。
 演奏している姿もグッと落ち着いたなあと。

◆うぇいさんの空間系ギターと寡黙キャラが大好きです!

「解散ツアー、全部来てくれる人も、何ヶ所しか来れない人も、今日だけの人も、どうしても都合がつかなくてお留守番の人も、みんな感謝してます。ありがとう」というラミくんの言葉、いいなあ。
彼のムードメーカーっぷりが大好き。ハイテンション過ぎて、手鞠に「外の祭りに混ざって来い!」と言われる始末(笑)。

◆手鞠「デイジーストリップ…(素で間違うw)いや笑、デイジーストリッパーに誘われて、自分は歌うことしかできないから」と東日本大震災チャリティーのブループラネットジャパンに参加したことも話していた。
凄く遠回しだけど、「仙台で君達の素敵な笑顔が見られて良かった、ありがとう」というニュアンスだったよ。

◆「忘却の彼方に消えても構わない」というMCから、それでも今だけ「そばにいて」と歌った「Me」。衝撃だった。やっぱり狡いな。
・the Oath
・from mouth
・摂理と贄
・浴室の人魚
・深緑のローレライ
・MillionDead Baby Songs
・over flow girl's sick
・Me
・サーカスが連れてゆく
・alone≠
・グランギニョル
・Looking all the pain
・流星群の夜に
・wishstar and sunlight and darkness.
・arch.

en.
・不揃いのカトラリー
・Absolute being


写真 2015-05-16 17 36 06

Comment

Add your comment