ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

音楽と、ライヴと、モラトリアム 

音楽を聴くこと。
ライヴへ行くこと。

それは唯一のモラトリアム(猶予期間)だと思っていた。

全てのしがらみを捨て、現実を、我を忘れ没頭できる世界。
ステージとオーディエンス、両者間の相互作用。
奇跡的なバンドマジック。

とても純粋な空間。

2歳児と遊んでいると、フトそんなことを思い出す。

我が家の2歳児が自分の力と発想で遊べるようになって以来、その様子が大変興味深く、とても観察し甲斐がある。

血のなせる技なのか、我が強く自己主張の激しい息子は1歳を過ぎた頃から壮絶なイヤイヤ期がスタートしていたので(笑)、2歳を過ぎた今、ようやく楽になってきた気がします。
「魔の2歳児」とはよく言うが、宇宙語から人間語がだいぶ通じるようになり、見違えるように成長している。

どこかで「子供を育てることは、自分の子供時代を追体験すること」だと聞いた。
ホントにその通りだなあと思う。
だからこそなるべく面白可笑しく楽しくしたいよね。
ナカナカ難しいけど。

そんなわけで、2歳児は想像していたより面白い。
0歳~1歳の頃は「母性ゼロだし子育て向いてねーな」と絶望しかけていたが、これからはできるだけその「猶予期間」を楽しみたいと思う。

私も無駄に「きかんしゃトーマス」と「はたらくくるま」と玩具について詳しくなってきたよ…。

Comment

Add your comment