ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emmuree幽閉カァニバルTOUR“東北幽閉カァニバル”『仙台幽閉カァニバル』@仙台CLUB JUNK BOX 

※公演から既に一週間以上が過ぎ、確実に(秋をすっ飛ばして)冬の訪れを感じる今日この頃…。
 まさに「暑さ寒さもサマカニまで」…†


20150927_747204.jpg
▲数年振りにやって来ました、仙台ジャンクボックス!
 emmureeがこのハコで演るのは初めて。
 個人的にはHOOKが出来る前の甘酸っぱい青春の場所…†
 超久々に足を踏み入れたけど、北京餃子(特盛りで有名)が健在で安心した…†


2015.09.25


◆Lament.

・Valentine
・Beautiful Creature
・Whirling Black
・The Screaming Pain
・The Unvarnished Truth

音源は何枚か聴いていたけど、生のライヴは初見。

真ん中の方のシルエットがにぐ~nigu~だった。

シルエットはおろか、手の動きまでにぐっぽいので驚きました。
無性に懐かしくなりました…。

Laputaのにぐ、ROUAGEのゆうか、みたいな…。

正統派ダークネス、歌声素晴らしかったです!


◆犬神サアカス團

・運命のカルマ
・海を知る少女
・自殺の唄
・黒い花が嗤う
・ロックンロールファイヤー

犬山羊以来かな?
相変わらず楽しくて元気になるライヴ!
犬神は昔から不定期に見ているけど、こうしてイベントで見られるのが凄く嬉しい。

犬神さん、アンミュレとの対バンは初めてだそう!(どちらもベテランなのに今まで接点無かったの意外過ぎ)。

凶子ちゃん「あたしたちも何で主催に呼ばれたのかわかんない(笑)。でも楽屋はアットホームな感じで地元の話とかしてる(笑)」

「犬神を初めて見る人が殆どだよね(詳しいのは多分最前の4人くらい、と言っていた笑)」とのことで、凶子ちゃんがメンバー紹介。

凶子ちゃん「カッコイイ担当のジョニー、ライヴ中の動きはキモいけどカワイイ担当のジンさん、変態で……………格好良くてキモいけどカワイイ…全部兼ね添えてるアキラさん」

私はジンさんのキモい動きが好きです!

凶子ちゃん「自分のお気に入りのメンバー決めた?アギラ~~~↑とか怖い声でメンコしてもいいのよ。でもあたしのこと好きにならなきゃ犬っ子にはなれない(^-^)どのメンバーを好きになってもいいけどまずあたし(^-^)」

凶子ちゃんのMCと笑い声、マジ元気になる…凶子ちゃんはスッピンも美人さんですよ…。
また是非アンミュレと対バンしてくださいな。


◆HOLLOWGRAM

こちらも初見のホログラム。
ゆったり目の曲が多いと思いきや、結構アグレッシヴなノリ。

それにしても、ただただ量産に圧倒された。
大きな事故の後で、まだ杖をついているのにも関わらず、だいぶハードなステージング。
とても久し振りに見たけど、彼はボーカルとしての立ち姿が美し過ぎる。
杖をついていてもそれを逆に武器にしていて。
穏やかなMCからの激しい煽りすら懐かしく感じられるよ…。

震災後のチャリティーライヴ(犬山羊)にも触れていて、「仙台は思い入れが深い」と言ってくれたのも嬉しかった。

上手ギターの人は笑顔が可愛かったな~。
前情報ほぼ無しで見たけど、量産さんが上手へガンガン絡みに行っていて「飼い主と犬」感が凄かった…。
量産は山羊の頃に比べ、わりとフリーダムかつ楽しそうで良かった。
どことなく人間臭くて。
攸紀さんのベースも好きだし、ホロはまた絶対行きたいと思いました(作文)。


◆emmuree

・smilé
・カタルマド
・瞬きの裏の瞬間の思想
・時計草
・太陽のメロディー
・窓の外は、カァニバル。
en.
・葬列とxxx

ぶっぱんがまさかのメンバー(そうさんともさん)だった時点で記憶が飛んだ…(※メンバーとマトモな会話が出来ない人)。

とにかく本編ラストが良かった…(作文)。

本編は初めて聴く曲(アルバム曲)が殆どだったので、スゲー新鮮な気持ちで挑むことができました(既存曲はアンコールの葬列のみ。)。
初めて単独公演を見た2007年の鹿鳴館を思い出していた。
アンミュレの曲は体に染み付いていて、暫く通っていなくてもあの感覚がブワッと蘇るんですよ。
アンミュレでしか体現できない「幽閉された世界」。
初めて出会うのに、とても懐かしさを覚える安心感。

今の私には必死で追うことは叶わないけど、こうやってあの音に浸れる空間が残っていて良かったと常に思えるんです。
還ることのできる場所。
だから、「最近アンミュレ見てないな…」という人にこそ見て欲しい。
暫くライヴハウスから遠ざかっていた方にも、是非触れて欲しいんです。

そうそう、ハルカさんがピタピタの衣装を着ていなくて驚いた(ゆるっとしたラフな黒Tと黒ガウチョ)。
想さんは白いメイクと腕の日焼けのギャップが凄くて心の中で笑った(フェス焼けですか?)。

しかし、ワンマンじゃないイベント自体ホントに久々だから4バンドでも立っているのが辛かった…足腰ヨボ…。
隠居ヨボはバンギャルノリに馴染めるかプルプルしていたが、殆ど同年代的な感じで安心感ありましたね…。
平日だけど、もっと知り合いを誘えば良かった!と思ったイベントでした。

あまりにもライヴを見られない時期が長引くと、「そろそろライヴへ行かなくてもいいかな…」という気持ちになるんですが、やっぱり生で見ると欲が湧きますね…(そのせいでツアー回る夢を見た…)。


20150927_747202.jpg
▲見慣れた仙台ジャンクの看板の横にアンミュレのポスターが!

20150927_747200.jpg
▲新アー写「有名な猫セット」。コレは買い!

20150927_747199.jpg
▲アンミュレの白ステッカー初めて見た。
 東北幽閉ツアーの各地で無料配布されていた川柳ステッカー。仙台の…サンドウィッチマンかよ…!(笑)

20150927_747203.jpg
▲開演前は、お友達と利久で牛タンを食していました。
 もはや誰か知り合いが遠征して来ないと食べないので、私も遠征気分を味わえます(ありがとう笑)。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。