ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

From HeLL Tour(More、えんそく、yazzmad)@仙台HOOK 

どのバンドも初見でしたー。
今回はPIERROT以来のラー友(海月)と一緒に観覧。
10年以上の付き合いなのに地元の小さいハコで共に見るのは初めてだね…新鮮…†


2015.10.15


◆More

・ashes to ashes, dust to dust.
・チェシャ
・琥珀
・Greedy Soul
・追憶、そして剥離

ex.Sugarのロキさんがシーン復帰ということで楽しみにしておりました!

いや~~~~~予想以上に作り込んでたwww

初見の友達も「作り込み過ぎだろ」ってロキさんの面白さ分かってくれたwww
ジワジワくる面白さwww(※草生やし過ぎてゴメン)

完全にロキさんだった。
ロキさんでしかなかった。
ばーんと出てきた瞬間からロキさんだった。
予想以上にメイクが薄くて中の人滲み出てたけど…。

客電が落ちた瞬間、スクリーンが降りてきて一斉にしゃがみ込むオーディエンス…。
MVでも流すのかと思いきや、まどろっこしい映像ギミックでバンド名のロゴが出現。
ロゴだけで世界観を体現…そしてスクリーンが上がり、気付いたらメンバーが登場していた。

ロキさん、準備麺期間長かったのに全く歌唱力衰えていないのは純粋に凄いなーと思いました、ホントに!
楽器隊の演奏力も高くて、良いメンバーが見付かって良かったなって!
ロキさんのやりたいことができて良かったね!

なのになのに、あの人たち一切喋らないのwww(※草生やし過ぎてゴメン)

MC一切ないの!
ロキさん、MC時にニカッと笑うところがチャームポイントなのに?
喋らないの?
ボロが出るから!?!?

「久し振りだなー仙台!Sugar振りにやってきたよ!」といったことも特に言いません!

あくまでも世界観を作り込んでいます!

なのに、突然暴れ曲で「仙台ーーーーー!」って煽るんです!

オムニバスCDにも収録された「チェシャ」なんかマジ、洒落乙で素敵な曲だと思います!
カオティックで!
でも、もうちょっと楽しそうにダンスして欲しかったナ…。

飽くまでも己の世界観を貫いています。

全曲演りきってメンバーが捌けた後、再びスクリーンが降りてきます…。

まどろっこしい…。

そして突如流れるMV…。

そして「ロキバースデーライヴ」の告知…。

自己紹介もせずにそこだけはアピールするんかーい!

と突っ込まずにはいられません…。

そして最後にブツッと切れる映像…。

「節電」

の文字…(パソコンの画面かな…)。

何かが惜しい…。

惜しいよロキさん…。

たまんないですよ。

いや~~~~~純粋にMoreの楽曲が良かったですね。
Sugarの洒落乙な部分を正統に受け継いでいて。
Sugarで頻繁に遠征していた頃を思い出して色々と切なくなりましたね(懐かしかったよね…)。

ロキさんがライヴ中つい面白くなってシズナと向かい合ってニカニカしている感じが好きだったんだけど、今回は終始真顔でした。

飽くまでも世界観を作っています。

ロキさん、ヴォーカリストとして私が好きになる要素は全然ないのに、あの人のバンド見ると何だかハイテンションになってつい語りたくなってしまうのは彼の才能なのかもしれない。

しかし、初仙台なのに人が多くて盛り上がっていたなー(祝日はやっぱり遠征多いんだろうなあ。この間の幽閉ツアーもこの位人がいれば…と思ってしまった。えんそくの動員も多かったかな?)。

とにかく、MoreはDVDシングルみたいなまどろっこしいやつを出していないで早くアルバムでまとめて聴いてみたいですね。
多分アレだよね、まどろっこしくないロキさんなんてロキさんじゃないよね…。


◆えんそく

ディスイズアペン、くらいしか知らない初心者です。
こりゃー、正しいヴィジュアル系バンドだと思いました!
凄い対バンキラーじゃないですか!?
圧倒的に盛り上がっていたし演奏もステージングも上手い!
仙台でウケるやつだーコレは。

茶番劇的なMCでは、ジャックザリッパーのことをネタにしていて、衣装もハロウィン風(新曲のイメージかな?)。

ぶう「最近ここあたりには切り裂き魔、ジャックザリッパーが出るらしい…」

「うわーーーーー!!」という悲鳴と共にjoeさん登場(joeさん、ケミピク以来に見たけどヤハリ好きなお顔…)。

ぶう「どうしたッ!そんな血まみれで、包帯だらけで…。もしかしてジャックザリッパーの仕業か!?」

joe「イヤ、自傷行為(リスカ)(・ω・)ノ」
ぶう「自分でやったのかよ!!!!!」
joe「存在確認!存在確認!(・ω・)ノ」

といった抱腹絶倒のやりとりが。

えんそくは対バンだったらまた見たいクオリティの高さでしたね。
あの泣きのメロディーで「ゴリラ」って…。
それにしても12ヶ月連続ワンマン+ニコ生中継って攻めていて凄いなあ。
ぶうさんは「仙台でもワンマンやりたい!でもさせてくれない!」と言っていた(誰に止められているの笑)。


◆yazzmad

20151019_758589.jpg

そして今回、最初で最期のヤズマッド。
コレがほんとーに良かった!

私が一番好きな「ネオンに虫けら」を演ってくれて嬉しかったー(;ω;)

yazzmadの絶妙なPOPさの匙加減、我々世代にとってドンピシャなんですよね。
暴れる曲もあったけど、やっぱり聴かせる曲の構成が素晴らしくて。

ラストのユートピアもズルい。
一緒に見た友人も初見だけど、ユートピアで泣いていたよ。
私は5月のアンバー仙台で泣き過ぎたから黙って見ていたけど。

ホントに惜しいよ…惜し過ぎる(普段遠征できない身で申し訳ないんだけど。現実は厳しい)。
もう何度も「これから解散するバンド」を見てきたが、その度に悔しいなあと思う。

この素敵な曲を知られる機会が減ってしまうこと。
この素晴らしい曲達が演奏される機会が失われてしまうこと。
2015年にアンバーグリスとヤズマッドというバンドを喪失してしまうのはやはりとても悔しいこと。
私は「バンドラストツアーの仙台」というものによく足を運ぶのですが、地方でこれだけ盛り上がっているのに。
最後の輝きかもしれない。
でも、メンバーもファンも何とも言えない表情をしていて切なくなる。

初めて聴いてハマった「さよならブルー」を生で聴けなかったのはとても残念だけど、最後に足を運べて良かったと心から思いました。


◆JACK THE LIPPER

そしてトリはジャックザリッパー。
りふりっちの企画バンドなんですね。

前半の楽曲はキャンディースプーキーシアターみたいだった。
そのわりに衣装はシンプル。
前列の3人が揃って網(?)を着ていた様子に目が釘付けでした…。

何だかんだでりふりっちも生のライヴ見るの初めてだけどアレですね!

いけめんが好きな人は好きなやつだ!

久我さん、少コミのヒーローがそのまま飛び出てきたみたいな出で立ちですね!
キメッキメでカッコイイ!!!!!
マイクの持ち方、ステージング、ナルシズム全開で極めているなーと思いました。
(りふりっちもきよはるも頻繁に映像すら見たことがない私の第一印象がきよはるだった)
実はきよはる嫌いじゃないけどきよはる系統の声を長時間聴いていられないタイプのバンギャルなので今後ハマることはないと思うんですが、好きな人は絶対好きだと思います。
(りふりっちは最初のアルバム以降離れちゃったけど、歌い方が実は私の好みじゃなかったことに気付いただけなんで、それは仕方ないことなんです!人の好みだから!)
客観的に見て、男性も女性もハマれるタイプのロックバンドだと思いました。
敢えてV系のフィールドに居ることもないんじゃないかなーというのが初見の感想。

そんなわけで、4バンド全部見ても終演9時前!
転換もスムーズでとても見やすいイベントでした。
やっぱり対バンは4バンドで限界だー!
おばちゃんは足腰が辛い!

でも、この間のサマカニ仙台を見て「このままライヴ行かなくなってもいいかも…」って枯れたことを考えていたけど、今回のイベントを見てやっぱりライヴはやめられないって思いました。

サマカニに比べて客層が若いなと思った…。


20151019_758590.jpg
20151019_758591.jpg
▲ライヴ前後にドトール&サイゼという20代みたいな遊び方してきたサイコー!

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。