ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2016】the god and death stars『after the addle apple』【名盤】 

after the addle apple

the god and death stars 4th mini album
『after the addle apple』

【収録曲】
1.into the filtration
2.濾過
3.cannabis
4.damned
5.after the addle apple
6.elephant in the room


メンバーは、Vo.&Gu.間瀬大(the studsdeadmanTHE MADCAP LAUGHSKEELgibkiy gibkiy gibkiy、etc.)、Ba.kazu(ex.蜉蝣、STEREO.C.K、gibkiy gibkiy gibkiy)、Dr.大嵩潤(ex.rowthe)。

※そろそろこの前書きは削ってもいいかなあと思いつつ、他の活動も知って欲しいという思いもありつつ…†

バンド史上、最高傑作。

今回の作品は、2011年にリリースされた名盤『addle apple』を再構築したもの。
この再構築の仕方が凄まじく天才的。
ライヴで演奏される機会の減っていた過去の楽曲を、単純にリアレンジしただけではなく、一曲ずつ丁寧に解体し、再び繋ぎ合わせていく職人技。
楽曲毎の元ネタが分かるヒントが密かに隠されており、まるで推理小説のよう。
曲順は逆、歌詞も絶妙に違い、メロディーもテンポも楽曲も全てガラリと雰囲気を変えているのにも関わらず、「あの曲だ!」と気付かされるエッセンスが随所に散りばめられている。
『addle apple』の続編(アンサーソング)として、ファンにとっては堪らない一枚。
もちろん、初聴きの方も違和感無く楽しめる格好良さ。

イントロの「into the filtration」を聞いた瞬間、今の私に必要なのはこの音だと確信した。
ドンッと三つの音が合わさった瞬間、止まっていた血液がドクドクと流れる気がする。

初めて『addle apple』を聴いたときは、物哀しい「死の匂い」がたち込めていて、言葉にし難い寂寥・虚無を感じたけど、今回の『after addle apple』は、とても強い生命力を感じる。
静かなバラードは一切無く、全編通して攻め姿勢で…熱いグルーヴ、枯れつつも踊れる哀愁系ロックに進化。

例えば、以前の「ロカ」は大海原を揺蕩う小舟のようだったが、再構築の「濾過」は吹き荒れる嵐を突き進む漁船みたいだ。
どこかサムライっぽさがある。

私、間瀬さんの書く歌詞が滅茶苦茶好きで。
特に「濾過」の、
「ねぇ 遠く会えるなら死者の国で」
「また歩こうか また会えるまで」

という部分。
一人きりで旅立つ人の最期を笑顔で見送り、後を追うのではなく、“其々の生を全うしたら死者の国でまた会おう”という意志が胸に刺さる。

過去のバンドを振り返ると、deadmanの頃は、間瀬さんの立ち位置ってあまり気にしていなかったんですよね。
the studsを聴いていてもそうだし、THE MADCAP LAUGHSもKEELもgibkiy gibkiy gibkiyも、自分のカラーは出しつつも、絶対前には出てこないというか、必ず他のボーカリストを立てている。
その間瀬さんの生身というか、本音…根底の部分が垣間見られるthe god and death starsが、私にとって非常に魅力的で。
初めて間瀬さんの歌詞を読んだ時に「こんなことを考えていたのか!?」と衝撃だったんです。
deadmanで描かれていた世界よりも、俯瞰的で生々しくて。
眞呼さんとはまた違った闇を抱えている。

是非、限定シングル『deep snow burned away』と併せて聴いて頂きたいです。
復活後のゴッドさんは間違いない…。

◆【インタビュー】the god and death stars、リメイク作品に「復活のきっかけと最高傑作を」(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000126365

◆【ライヴレポート】the god and death stars、オルタナティヴの回帰(BARKS)
http://www.barks.jp/news/?id=1000127098


太鼓判 太鼓判

the_god_and_death_stars

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。