ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2017】gibkiy gibkiy gibkiy『In incontinence』【名盤】 

In incontinenceIn incontinence
gibkiy gibkiy gibkiy

曲名リスト
1. 無中無
2. 血と宙の完結
3. 愛という、変態
4. とある澄んだ春の朝に
5. 告白
6. だらりと垂れる
7. 頭蓋、紛い
8. straitjacket
9. suspend
10. 淫乱分子

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

“016年、突如シーン現れたgibkiy gibkiy gibkiy(ギブキーギブキーギブキー)待望のセカンドアルバム登場。
Merry Go Round、Smells として圧倒的な存在感でシーンにフォロアーを生み続けてきたkazuma(Vo) と、deadman,the studs と多大なる影響力を持つバンドのコンポーザーであり現在the god and death stars,THE MADCAP LAUGHS,KEELとしても活躍中のaie(Gt)、伝説となっているバンド「蜉蝣」のベーシストであり現在はSTEREO.C.K,the god and death stars としても活躍中のkazu(Ba)、Rayflower,ZIGZO,THE MADCAP LAUGHS としても活躍中のsakura(Dr)から生み出される圧倒的なサウンドがより進化と深化を遂げた。”(Amazonより引用)

絶対的なカリスマ性漂うgibkiy gibkiy gibkiyの音楽は、例えるなら、触れたくても触れられない“神獣”のようだ。
まるで海の怪物「クラーケン」のよう。
ぐにゃぐにゃと自由自在に動き回り、眼光鋭く獲物を狙う獣。
気ままに航海へ出ると不意打ちを食らい、途端に飲み込まれてしまう。
そんな恐ろしい海の魔物。
リスナーには一切媚びることなく、孤高のロックバンドといった立ち位置を貫いている。

今作『In incontinence』は、前作『不条理種劇』に比べ、圧倒的にポップ(だが、非常に聴き手を選ぶポップさ。しかし、hfpの頃に比べたらよっぽど聴きやすい)。
前作は「氷河」、今作は「南海」、といった温度差も感じる。
氷が溶けて、少しは呼吸がしやすくなったというか。

『不条理種劇』はまだ間瀬感(※aieさんが奏でている独特のギターサウンド&メロディー)が強過ぎて、ギブキーギブキーギブキーというバンド感が薄い気がする。
hfp(highfashionparalyze)からの進化系だから、まだまだドラムとベースが控えめなんだよね。

この『In incontinence』(通称・ウサギ←私の中だけで通じる通称)は、間瀬感というより“歌と楽器”4つのパワーが融合して出来た禍々しい怪物(モンスター)そのもの。
ドラムはめっちゃワイルドだし、ベースもブイブイ唸っていて自己主張が強い。

間瀬感を求めるなら『不条理種劇』だけど、ロックバンドのアルバムとして捉えるなら『In incontinence』のほうが完成度は高い。

MVにもなった「愛という、変態」は、かつてのメリゴやdeadmanで感じたキャッチーさに、ワイルドなドラムとベースが絡み、スリリングなロックを奏でている。
「とある澄んだ春の朝に」は、メリゴの「赤い絲」を彷彿させる綺麗で優しい曲。
ギブキーギブキーギブキーでこんな音を出すとは思いもしなかった。

このアルバムを聴いて私が真っ先に思い浮かべたのは、Merry Go Roundのフルアルバム『幻覚α波』だった(※ゼロ年代名盤10選で取り上げています)。
『幻覚α波』のリリースが確か2000年。
私は恐らく、『幻覚α波』の次はこの『In incontinence』のようなアルバムが聴きたかったんだろうな、きっと。

かつて願った未来がある。
聴きたいと思える音がここにある。

aieの「売れないから辞めようってバンドでもない」という言葉を信じ、今後の動向も追いたくなる…ワクワクさせてくれる一枚に仕上がっています。

BARKSでの特集(パーソナルインタビュー)も興味深いので是非ご覧になってください。


◆【連載インタビュー】gibkiy gibkiy gibkiy
https://www.barks.jp/keywords/gibkiy_inincontinence.html



太鼓判

gibkiy_gibkiy_gibkiy

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。