ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春水満四沢〜Angelo日武から10年〜 

毎年この位の季節になるとPIERROTのことを思い出す。
そして無性にキリトの歌声が聴きたくなる。

Angeloで去年ピンと来なかった曲も、今月に入って急にしっくりくるようになって驚き。
ハマるまでのタイムラグ。
聴いているうちに、突然、自分の中へ濁流のように入ってくる瞬間があってウワーッとなる。
不意に涙腺が緩む。
やっぱり彼の声の力かなあ?
そこまで計算づくだとしたら凄過ぎる。

リアルタイムでは買うつもりのなかった丘戦争のDVDや(ホントに病んでいたんです)、キリトソロアコースティックライヴのDVD、過去の映像などを夜な夜な見返していたら、Angeloの初日武から既に10年経過している事実に気付く。

ううう嘘だろ!?!?!?
もう10年!?!?!?

あれは、体内の毒素が吐き出されたというか、憑き物が全部落ちたというか。
そんなライヴだったなあ。

丘戦争でハマった方や出戻った方にも是非見て頂きたい歴史的なライヴ。


B001TMEER8THE FRENZIED EMPIRE FINAL at NIPPON BUDOKAN-SPECIAL EDITION- [DVD]
Angelo
キングレコード 2011-11-28

by G-Tools


丘戦争のステージもホントに良くて。
お兄ちゃんにも余裕があって、後半、ニカッと笑顔まで見せているところでグッときたね!
当時の私は、こういうPIERROTが見たかったんだよなあ。
ずっと封印していたDIC7の映像も見たけど、お兄ちゃんのピリピリムードがハンパないし、他メンバーの表情も固くてホントに怖かった(セトリも演奏も素晴らしいのに)。
復活した今じゃなければとても見返せないな〜。

それにしてもPIERROTの動員(規模)って凄い。
音源を聴いている回数も、ライヴで聴いている回数も、今はAngeloのほうが圧倒的に多いんだけど、未だに曲とタイトルが一致してカラオケでも歌える(不意に口ずさめる)のはPIERROTだわ。

私、ピエラーだけどジェラーのキリターだからPIERROTに負けたくねえなって気持ちになるな…。
AngeloにとってPIERROTって永遠のライバルなんじゃないかな?
メンバー達にもそういう気持ちってあるのかな。
いつかまた日武でAngeloを見たいな〜という思いは、恐らく、多くのファンが抱いている夢。

彼が歌えば、願いは現実となり、想いは形となる。

春になり、雪解けの水がどこの沢にも満ち溢れている。

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。