ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

Angelo Tour 2018-2019「WAVY EFFECT OF RESONANCE」@仙台darwin(2日目) 

20181221001827224.jpeg


こんなにも心が掻き乱されたAngeloのライヴはいつ振りだろうか…。


2018.12.16


仙台の1日目でお兄ちゃんが倒れたと友人からLINEで聞いて、血の気が引いた。
twitterでもその時の状況を詳しく知って。
今までも色々あったけど、年齢が年齢だからホントに心配になって…。

だから2日目のこの日は、殆ど顔も見えなかったけど、同じ空間にいて、そこで彼が歌っているだけで胸がいっぱいになった…。

そこにいるだけでいいから…。

激しい曲も、優しいバラードも。
ずっと心の中で泣いていた…。

昨日の今日だから、一番最初にキリトが出て来た時の歓声がより一層大きかった気がする。
あの歓声によってキリトは形成されていく…。

眩いステージの光景やオーディエンスの姿を眺めながらずっと、5歳のムラタシンヤくんに、(大丈夫だよ、「君」はキリトになれたよ)って心の中で呟いていた…。

仙台darwinの空調、前々から余り良くないなあと思っていたんです(しかし音響はとても良い)。
当日はソールドアウト公演のため超満員。
アンコール、残り3曲ってところでやっぱり空気が薄くなってきて、(コレはヤバい)と、ずっと不安だったけど…無事に仙台を終えることが出来て心底ホッとしました…。

本編「ホログラム」「荊棘の棘」「BREATH」「DEEP VISION」「CRUELWORLD」、そしてアンコールで歌われた「Voice of the cradle」「Crave to you」「SEE YOU AGAIN」…。

全てが過去の記憶とRRのインタビュー内容と想いがリンクして、もう感情が濁流のように…。
ステージの様子は殆ど見えなかったけど、一年前の仙台で一番気掛かりだったこと(キリトは果たしてどれくらい自分のために歌っているのだろう?という素朴な疑問)が解消されたライヴでした…。

今回のRRインタビューを踏まえての仙台ライヴは、これまでの道程の答え合わせのようだった。

寒空の下、ヨロヨロと帰宅しながら(疲労と空腹MAX)、お兄ちゃんの歌詞に「風を切って」という単語が沢山出てくるのは「そういうことか」と噛み締めていました…。

お兄ちゃんの歌詞って、ドラえもんに出てくる「先取り予約機」みたいだな…。
無限ループなんだよ、アレ…。

※「先取り予約機」→結果(明日の結果)を先取りできる秘密道具のことです。

未来の自分に約束する。
そうすることによって、どんな絶望も打ち砕いていく。
残酷な世界を生きていく。

そうそう、「断末魔〜」めっちゃ久し振りに聴いたな〜。
今のAngeloのライヴで聴くとスゲー浮いてる!
出戻った勢いで行った野音が懐かしいなあ〜とシミジミ。

アニメ化により、夏からずっと「BANANA FISH」に再ハマりしていた私ですが(原作にハマっていた中学時代より拗らせました)、フィッシャー(バナナフィッシュファンの総称)の中にキリターが妙に多いの、頷ける…。
「BANANA FISH」と同作者の「海街diary」、まだ一巻しか読んでないんだけど(大人になるとBFより精神的にキツくて…)。

そこへ出てくる「子供でいる権利を奪ってはいけない」といったセリフは、「BANANA FISH」の内容に繋がると思うんです。

「SEE YOU AGAIN」の「子供のように震えて声をあげて泣いていいから」というフレーズを聴きながら、そんなことを思っていた。

(※というわけで、みなさんもバナナフィッシュ是非読んでください)

「HUMAN GATE」の「それでも生きていかなければ」という力強いメッセージも、「CRUELWORLD」に繋がる。
これまで紡ぎ出されてきた詞世界をゆっくりと噛み砕きながら、これは全て過去の自分へ送っていたのか、と思うと…。

お兄ちゃんがメジャーデビュー20周年ということは、私がお兄ちゃんのことを好きになって20年以上ってことだから、人生の半分以上でしょ…。
闇を抱えたヤングな時代から思想や死生観がガッチガチのガチで影響受けているんだよな…そのままここまできてしまった…。
時の流れって早いなあ…。

完全にレポになっていない心情の吐露でごめんなさい。

まるっと2週間休んでいなかったので(今の時期だけ超絶ブラック)、今回は体力的にも精神的にも参加するのは無理なんじゃないかと思っていたけど、周りの応援&協力により、何とか行くことが出来ました…チケットを譲ってくれた友人にも感謝しか無い…ホントにありがたい…。
私は沢山の人に支えられて、ばんぎゃる活動を続けられています…。

そして、バンドのメンバーやスタッフ様への感謝の気持ちも忘れることのないよう、今後もライヴへ挑んでいきたいと思います。

素晴らしい仙台公演をありがとうございました!

これからも必ず、まだ見たことのない景色を見せてくれると信じています。
01.ACTIVATE RESONATE
02.CREVASSE
03.残響
04.NEW CENTURY BIRTH VOICE
05.REUNION
06.ホログラム
07.荊棘の棘
08.BREATH
09.DEEP VISION
10.CRUELWORLD
11.THE CROCK OF ULTIMATE
12.CONTRACT
13.RETINA
14.Experiment
15.MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION
16.FAITH
17.OUTBREAK
18.Daybreakers

en.
01.Voice of the cradle
02.Crave to you
03.SEE YOU AGAIN
04.断末魔に耳すまして
05.PLOSIVE
06.Script error

Angelo

Comment

Add your comment