ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味のバンギャルブログ。

Sugar 3rd Anniversary Tour『Brand new Sweet』&emmuree『† ~love romance~ tour †』@仙台HOOK 

地元でemmureeとSugarがまとめて見られるんだよ!
何て奇跡だよ!
そんなわけで、仙台の数日前からお祭り状態でした(脳内が)。
今は…夏祭りが終わったあとのような、妙な静けさ?
やー、地元人のひいき目抜きにしてもほんとに仙台良かった。
先日のエリアも良かったんだけど、地方巡業ツアー1発目、

「あああこれが私の愛するあんむれ!!!!!」
「あああこれが私の大好きな砂糖のライヴ!!!!!」

という感情が濁流のように押し寄せたというか何というか、またもやロヴェ放出し過ぎて個人的に2マン状態です、すみません。


2008.03.09


emmuree

・アンティーク
・祈り
・葬列と×××
・棘と罰
・ラブロマンス
・覚醒

杜の都のバンギャルに囲まれて超アウェイ。
アンティークのイントロが流れた瞬間、ガヤガヤしてた会場がピーンと凍る、この感じ。
客を自然と黙らせる、あの空気。
これだよこれだよ!
あああこれが私の愛するあんむれ!!!!!
ここ最近のアンミュレのライヴは、グッと暗黒色が薄れ、いい意味でアットホームになったと思ってました(私が慣れて、しかも想信者に囲まれて見てたせいもあると思うが笑)。
しかし地方巡業は圧倒的にアウェイ。
でもアンミュレにとってはアウェイすら武器となる。
自ら客を突き放すセトリ。
祈りキター!
葬列キター!
杜の都のバンギャル、ドン引き!!!!!
ごっめん私はロヴェが溢れ過ぎて終始ニヤニヤしながら見てた!(幸せ過ぎて)
M的な私はロヴェバンドがドン引きされてる様子を見守るのが大好きなんだよ!
ステージを支配するというよりも、その会場すべてを支配する。
こういうアンミュレは久し振りに見た気がしたのでゾクゾクした。
念願の祈り(これのギターが大好きで!)とラブロマンス(熟女的なエロさロヴェ…)も聴けたし。
あと覚醒の冒頭で想さんが「かごめかごめ」(多分)を囁いてて、鼻血吹くかと思った(散髪してサイドが姫カットみたいになってたよ)。
んで、ひたすらダークネスにやりたい放題やったと思ったら精根尽きてさっさとハケる想さん。
その後、ステージで楽器隊がガンッとセッションして終了。
このバンドが作り上げる禍々しい渦、心底好きだ。
MCは単独の告知位かな?(サクッとアレしたかったそうなので)

あ、終了後、物販に想さんご本人がちょこんと座ってました。
…ここまでステージ上の人と中の人が一致しない麺も貴重だと思います。
あれはほんとに何かが降臨してるんだな。

改めてアンミュレ、滅茶苦茶格好良かった!(外国人風に言うと「COOL!!!!!」)
気が向いたらまた仙台に来て欲しいわ。
できれば年4回、季節ごとに(笑)。


Sugar

・Blossom
・苦悩と憂鬱に抱かれて
・咎人の空
・男娼と黒猫
・骨と翅
・凍え揺れる炎
・JAM
・媚薬

en
・ベリー

地方巡業ツアー皮切り、絶好調でした。
私も最高に楽しかった!
アルバムを相当聴き込んでたのもあるけど、先日のエリアで感じた違和感は全くなかった。
純粋にSugarのステージがひたすら楽しくて弾けた。
これだよこれだよ!
あああこれが私の大好きな砂糖のライヴ!!!!!
上手く言えないけど、ジャンルがどうのよりもバンドとしての魅せ方が物凄く格好良くなった気がする。
会場全体を引き寄せるパワー。
でもロキ様ごっめん、あなた超可愛い!(悔しいことに今回は彼に釘付けだったのさ。ヴォーカリストとして格段に上手くなった!)
もういいよそのままで!
ハイハイ服なんか着たくなったら着ればいいよ!(だって楽しそうなんだもん)
あ、SEは森の中で妖精さんたちがキャッキャ飛び回ってるような音だった。
男娼と黒猫は何となく「お蔵入りするのかな?」と思ってたから聴けて嬉しかった(やっぱりライヴで聴くイントロが大好き。ニャーオ)。
あと凍炎が壮絶に好きだ(心の病だからか。しーたんがわおーんって吠えてた)。
今までSugarの曲って、「丸ごと好き」というよりはピンポイントで「ここのフレーズが好き」みたいな部分が多かったんだけど、凍炎は丸ごとド級でツボ。
音に全身が包まれてうわーってなる感じ。
そしてJAMで咲いた(これは確実に咲ける)。
しーたんと張り合ってるしんごが可愛い。
アンコではあっくんが仕切ってた(流石影の実力者)。
MCなんかは絶賛地方巡業中のアリゼロさんを見て頂ければ(おんぶにだっこですみません★)。

Sugarの今後の目標は仙台HOOKでワンマンだな。
できるできる、これならいつか必ずできる。


この2バンドのやってることは対極だけど(磁石で例えるならNとS?)、根本に流れるストイックさに私は惚れてるんだろうなーと思う。
いい音源があって、いいライヴがあって、幸せだ。
約1年、マイペースながらもずっと見続けてきてほんとに良かった。
この日のライヴはまさに「このまま時が止まればいいと思った」。
彼らをいつまでも見ていたいと思う。

遠路はるばる仙台までお越しくださったみなさま、ほんとにありがとうございました。
是非また遊びに来てくださいねー。
仙台、いいとこでしょ?(´ε`*)

ついでに初めてemmureeとSugarを見た方の感想が知りたい。
もし良かったらこっそり教えてください(笑)。

Comment

Add your comment