ピンブラブログ~pinkblood blog~

音楽と猫をこよなく愛する若干隠居気味(心は現役)のバンギャルブログ。

雨宮処凛『バンギャル ア ゴーゴー』 

激烈だ。そしてあまりにも赤裸々で、えげつないバンドとバンギャルの裏側、真実。本書は、かつてヴィジュアル系バンドの追っ掛けだった雨宮処凛氏による、半自伝的な物語。私が「できればヴィジュアル系にハマりたての、キラキラした若いバンギャルちゃんには読んで欲しくない」と思ったのは、彼女たちの純粋な時間が少しでも長く続いて欲しいからだ。青春は一瞬である。その現実をまざまざと突き付けられたような、鋭利な刃物のよ...
Read More

大槻ケンヂ『リンダリンダラバーソール』 

活字嫌いの私でもスルスルと読める軽快な文章のお陰であっと言う間に読了(そもそも活字嫌いっつーか、自分の感覚とソリが合わないとなかなか読み進められないだけなんだ!)。オーケン、文章上手いなー。もっと早く読んでおくんだった。本書は、「イカ天」前後のいわゆる“バンドブーム”期を描いた、エッセイの要素が強い自伝的小説。当時、私はまだ小学生で「ああ、“たま”とか流行ってたなあ…」程度の記憶しかないんだが(そう言...
Read More

SHAZNA『ホームレスヴィジュアル系』 

SHAZNA結成15年目、最初で最後のぶっちゃけ本。いやー、コレは面白かった!SHAZNAファンではないが、あの頃のブームは実際目の当たりにしているわけで。ヴィジュアルバブル期、カラフルでポップなイメージでメジャーデビューを果たし、瞬く間に“イチ現象”を起こしたSHAZNA。そんなSHAZNAをミーハー的な目で見る人が溢れ、いざブームが過ぎ去ってしまえば「ヴィジュアル系を駄目にしたバンド」なんて言われたりもしたけど。本書では...
Read More

井上貴子『ヴィジュアル系の時代―ロック・化粧・ジェンダー』 

うーん、コレは全体的にちょっと弱かったな。この本は、一体誰に、どんな読者層に向けて書かれているんだろう?V系文化やバンギャル文化に全く浸かっていない、いわゆる“一般人”に向けて書かれているのだとしたら、偏見の塊であるV系バンドが更に偏見でまみれるような。まず、論者たちがアカデミック畑の方々で年齢層が高く、思春期にヴィジュアル系を通っていないから少しばかり説得力に欠ける。そう、体験が殆ど語られていないの...
Read More

さよなら「PIERROT」~総括~ 

あー、ようやく本の内容に入れた。本書でキリトは、BUCK-TICKやX、LUNA SEAに影響を受けて登場してきた「次世代」として登場する。市川氏との対談を通し、まさに泡沫のようだったヴィジュアルバブル期において、どうやってPIERROTの個性を演出していくか…生き残っていくかなどを試行錯誤していた様子が伺えた。ヤンキー時代の話、BUCK-TICKに影響された話、hideちゃんと一緒に飲んだ話などなど、表側からはなかなか見ることのでき...
Read More